Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/05/22 (日)
2016年1回新潟8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7。直線1000mは土日ともにプラスマイナスゼロだった。さかのぼって8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は水準に近く、2週目は時計の掛かるコンディションだったが、後半2週は全てマイナス0秒7で速めの時計が出るコンディションだった。直線1000mは前半は時計が掛かっていたが、後半は水準の馬場差だった。
 この開催3週目に引き続き、週末に雨が降らず芝の馬場差は3週目と同じだった。新潟の外回りなんかだと4コーナーでの位置取りというのはあまり意味は無いが、外回りで前につけた馬が好走する事は少なくて、スローペースになっても差し・追い込み馬の好走が多かった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、1800mは開催を通じていくらか時計の掛かるコンディションだった。1200mは3日目が高速馬場になり、その後もマイナスの数値だったが、先週は水準に近いレベルだった。
 1週前と比べて乾燥したようで、特に1200mが1週前より時計が掛かるようになった。この開催の1800m対象の馬場差についてまとめると、1週目・2週目は湿った馬場だったものの、風の影響があり。3週目・4週目は乾いた馬場だったが、風の影響がなかった。結果的に馬場差は最大で0秒2の違いしかないが、馬場状態そのものは前半2週と後半2週では異なる。一方1200mは雨や風の影響が絡み合って、馬場差が変動しているので注意。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/05/22 (日)  芝=-0.7 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 ナムラバイオレット    牝3 未勝利 1:21.9 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D
5R T1800 ステファンバローズ    牡3 未勝利 1:46.5 -1.0 ± -0.4 -0.6 104 B D
7R T2400 スリーヴェローチェ    牡7 500万下 2:25.1 -1.4 ± -0.6 -0.8 106   B C
9R T1200 ポップオーヴァー    牝4 500万下 1:10.1 +1.1 -0.2 +1.3 -0.4 87   S C
10R T2000 ピンクブーケ    牝4 高田城特500 2:00.3 +0.3 -0.8 +0.2 -0.7 98   C D
11R T1000 プリンセスムーン    牝6 韋駄天SH 0:54.4 +0.3 ± +0.3 ±0 97   D D

2016-05-22 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アデレードヒル    牝3 未勝利・牝 1:12.0 -0.7 ± -0.5 -0.2 105 B C
3R D1800 マテラリードル    牡3 未勝利 1:54.7 +0.7 ± +0.3 +0.4 97   C D
6R D1200 トミケンキルカス    牡4 500万下 1:12.3 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D D
8R D1800 キータイプ    牡4 500万下・若 1:53.3 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C D
12R D1800 ソルプレーサ    牡4 白馬岳特1000 1:53.4 +1.4 ± +1.0 +0.4 90   E D

         

■ワンポイントアドバイス
牡牝の違い
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。