Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/05/22 (日)
2016年2回東京10日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。さかのぼって10日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台。しかもマイナス1秒5からマイナス1秒1の間で推移しており、大きな動きはなく速い時計の出るコンディション。
 先週火曜日に雨が降って、土曜の夜にも少しだけ降ったが、馬場に影響はなく時計の出方は1週前と同じだった。逃げ切りは超スローとなった土曜の9Rだけで、スローペースだと後方からの追い込みは間に合わないものの、普通のペースなら差し馬も来ていた。この傾向も1週前と同じ。今週から次の開催の2週目までCコースとなるが、先週の時点でそれほど傷んでいたという訳ではないので、内側がカバーされる事で馬場差が大きくマイナス方向に動くことはないと思う。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。さかのぼって10日間の馬場差を振り返っておくと、8日目まではマイナスの数値だったが、徐々に水準方向に近づいて行き、先週は初めてプラスの数値になった。
 火曜日に雨が降ったが、影響はなくてかなり乾いた状態だった。春の東京開催で初めてのプラスの馬場差となった。っと言っても特に力の要る馬場という程ではなくて水準の馬場。逃げた馬が2着に残って1着は中団や後方からの差しというレースがいくつかあるように、何か特徴のある馬場ではなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/05/22 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2400 レジェ    牝3 未勝利 2:27.0 -1.3 ± +0.4 -1.7 96   C D
6R T1600 アムネスティ    牡3 500万下 1:34.8 -0.2 ± +0.9 -1.1 91   E D
7R T2000 サンマルティン    セ4 500万下 2:00.0 -0.8 -0.6 ±0 -1.4 100 C D
9R T1800 バンゴール    牝4 石和特別1000 1:48.0 +1.0 -0.9 +1.4 -1.3 86   S D
10R T1400 ファントムロード    セ8 フリーH1600 1:20.6 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D C
11R T2400 シンハライト    牝3 優駿牝馬G1 2:25.0 -0.8 -0.8 +0.1 -1.7 99   C C

2016-05-22 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ピントゥリッキオ    牝3 未勝利・牝 1:39.3 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C E
2R D1400 ソーアメージング    牡3 未勝利 1:26.6 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D E
3R D2100 ケイブルグラム    牡3 未勝利 2:13.7 ±0 ± -0.3 +0.3 103 C D
5R D1400 ケンコンイッテキ    牡3 500万下 1:24.7 -0.5 ± -0.7 +0.2 107 B D
8R D1400 エイシンバランサー    牡4 日吉特別1000 1:24.0 -0.2 ± -0.4 +0.2 104   B D
12R D2100 エルマンボ    牡6 丹沢S1600 2:10.6 +0.2 -0.3 -0.4 +0.6 104   C D

         

■ワンポイントアドバイス
牡牝の違い
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。