Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/06/11 (土)
2016年3回阪神3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス1秒6からマイナス1秒4へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台の馬場差で特に雨の影響を受けた2日目以外はかなりの高速馬場だった。
 土曜は1日を通じてマイナス1秒6、日曜も速い時計の出るコンディションだった事に変わりないが、終盤に雨が降って11RのG3マーメイドSは9Rまでと比べれば、時計が掛かった。という事で、11Rのみ馬場差はマイナス1秒4。なお、今週からの後半2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2からマイナス1秒4へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒を超え、良馬場の初日・3日目でもマイナス1秒1・マイナス1秒3。雨の影響を受けた2日目はマイナス3秒0からマイナス2秒7と相当に脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜は終日良馬場だったが、今の説明の通りマイナス1秒3と速い時計の出るコンディションだった。日曜は若干土曜より掛かっていたが、それでも馬場差はマイナス1秒2で時計は出やすかった。さらに終盤は雨の影響を受け、12Rだけは1800m換算の馬場差でマイナス1秒4となった。雨の影響を受けやすい季節ですから、脚抜きの良い馬場に対応できるか、後半2週目は注意。連対馬の脚質だが、前めに位置した馬が有利だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/06/11 (土)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 ジェルミナーレ    牝3 未勝利 1:08.8 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C D
5R T1400 キャスパリーグ    牝2 新馬 1:22.9 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D C
9R T2400 エトランドル    牡4 生田特別500 2:24.4 -2.7 -0.4 -1.2 -1.9 112   A C
10R T1400 ベステンダンク    牡4 舞子特別1000 1:20.3 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C B
12R T1800 ジェネラルゴジップ    牡4 500万下 1:47.1 -0.2 -0.6 +0.6 -1.4 94   D C

2016-06-11 (土)  ダ=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 レッドディオーサ    牝3 未勝利・牝 1:53.3 -1.0 ± +0.3 -1.3 97   C D
2R D1200 ダッシャークワトロ    セ3 未勝利 1:12.2 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C C
3R D1400 マリエラ    牡3 未勝利 1:25.1 -0.8 ± +0.2 -1.0 98   C D
6R D2000 エイム    牡3 未勝利 2:07.3 -0.6 -0.6 +0.2 -0.8 98   C D
7R D1800 マイティティー    牝4 500万下・牝 1:50.9 -2.2 -0.3 -1.2 -1.0 112   A C
8R D1200 ウエスタンラムール    牡4 500万下 1:10.8 -1.5 ± -0.6 -0.9 106   B C
11R D1400 ダノングッド    牡4 安芸S1600 1:22.9 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D B

         

■ワンポイントアドバイス
2段階降級馬の罠
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。