Victory Road

アダルト動画

2016/06/18 (土)
2016年1回函館1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒3、日曜がマイナス2秒4だった。
 昨年7月末以来の開催とは言え驚いた。しかも土曜は稍重でスタートしたのにマイナス2秒3。日曜は乾いてさらに0秒1マイナス方向に動いた。なお、土曜は馬場発表が変更されたが、馬場差は1日を通した数値。ただ、昨年も開催初日はマイナス2秒0だったので、先週の数値に近いレベルではあった。函館の芝で注意しないといけない事は、雨が降ると一気に時計が掛かる可能性があるということ。その昨年にしても、開幕週はそれだけの高速馬場だったが、4日目はプラスの数値になっていますし、2回開催の最終週は道悪で、土日ともにプラスゾーンだった。連対馬の脚質を見ると、土曜後半は差し馬優勢、日曜後半は前に位置した馬が目に付いた。要は大きな偏りはないという事だが、内目を立ち回った方が優勢ではあった。なお、函館は1回開催・2回開催とも3週で行われ、トータル6週。2回開催1週目までAコース、その後Bコースを使用する。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒1だった。
 開催初日の雨の影響が残って、終日重馬場。脚抜きの良い馬場で馬場差はマイナス1秒9。日曜は乾いたとは言え、それでも稍重でしたしマイナス1秒台だった。次に連対馬の脚質だが、小回りと言っても連対馬20頭中、中団の馬が8頭。特に土曜の勝ち馬のうち、4頭は中団にいた馬。流石に後方にいると展開の助けが必要だが、差しが効かない訳ではなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/06/18 (土)  芝=-2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 タマモブリリアン    牝3 未勝利 1:09.0 -1.6 ± -0.2 -1.4 102   C D
5R T1000 ザベストエバー    牡2 新馬 0:57.4 -1.5 -0.2 -0.5 -1.2 105   B D
6R T2000 カラビナ    牡3 未勝利 2:00.9 -2.3 -0.4 -0.4 -2.3 104   B D
8R T1200 ダンツレガリア    牡4 500万下 1:09.1 -0.9 ± +0.5 -1.4 95   D D
10R T2600 ケルンダッシュ    牡4 駒ケ岳特500 2:41.5 -1.1 -1.0 +0.9 -3.0 91   D D
11R T1200 モズハツコイ    牝5 HTB杯1000 1:08.6 -1.0 ± +0.4 -1.4 96   D B
12R T1800 フライングレディ    牝3 遊楽部特500 1:47.3 -2.0 ± +0.1 -2.1 99   C C

2016-06-18 (土)  ダ=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ハヤブサプリプリ    牝3 未勝利・牝 1:45.2 -2.4 ± -0.5 -1.9 105   B C
3R D1000 チェイスダウン    牡3 未勝利 0:58.8 -1.1 ± ±0 -1.1 100   C D
4R D1700 リキサンダイオー    牡3 未勝利 1:45.7 -1.9 ± ±0 -1.9 100   C D
7R D1000 クリノリーソクツモ    牝4 500万下 0:58.6 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D C
9R D1700 スズカリバー    牡4 500万下 1:44.2 -2.2 ± -0.3 -1.9 103   C C

         

■ワンポイントアドバイス
見習い騎手・復活組(3人)のその後
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。