Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/06/18 (土)
2016年3回阪神5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス0秒3からプラス1秒1へと変動した。さかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒台の馬場差だったが、6日目はこの開催で初めてプラスの数値になった。
 土曜は1Rが芝のレースで、このレースのみ稍重だった。6Rからは良馬場に変更された。芝については雨の影響はほとんど残っておらず、Bコースに替わった事もあって1日を通して速い時計の出るコンディションだった。もちろん馬場差は終日同じ。しかし、日曜日は特に午前中に強く雨が降って、時計が掛かっていった。芝で最初のレースであった3R時で2000m換算の馬場差でマイナス0秒3。その後プラスゾーンに入って、プラス1秒1まで変動した。連対馬の脚質だが、コース替わりの初日である土曜はほどんと差し馬だった。日曜は逃げ・先行馬の連対が多くなっているが、ペースが緩かったり、レベルが低かったりして、雨が降ったから前が残ったという訳ではないと考えている。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒3からマイナス2秒4へと変動した。さかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒を超える数値。雨の影響で脚抜きが良かった日もあるが、終日良馬場だった初日・3日目でさえ、マイナス1秒台だった。
 そもそも時計の出やすいコンディションの上に、ダートについては土曜時点で雨の影響が残っていて、マイナス1秒6でスタート。後半は乾いて行ったが、それでも11R時点で1800m換算の馬場差でマイナス1秒2だった。そして日曜は雨が降り続いて、再び脚抜きの良い馬場になって行き、午後はマイナス2秒台になった。土日ともに午前中の連対馬は前めにつけた馬の方が多かったが、高速馬場になった日曜後半の連対馬は全て差し馬だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/06/18 (土)  芝=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 シーハリケーン    牡2 未勝利* 1:23.0 -0.3 -0.1 +0.7 -1.1 93   D D
6R T2400 ニホンピロカーン    牡3 未勝利 2:26.6 -1.8 -0.8 -0.8 -1.8 108   B C
8R T1800 パーシーズベスト    牝3 500万下・牝 1:45.3 -2.0 ± -0.6 -1.4 106 B C
10R T1200 コスモドーム    牡5 水無月S1600 1:08.3 -0.2 ± +0.7 -0.9 93   D D
12R T1600 メイショウチギリ    牡5 500万下 1:33.3 -1.3 ± -0.1 -1.2 101   C C

2016-06-18 (土)  ダ=-1.6 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 ネフェルティティ    牝3 未勝利・牝 1:54.0 -0.3 ± +1.3 -1.6 87   E E
3R D1200 タガノモーサン    牡3 未勝利 1:12.4 -0.7 ± +0.4 -1.1 96   D D
4R D1800 ヒダロマン    牝3 未勝利 1:51.8 -2.5 ± -0.9 -1.6 109 A D
5R D1200 ディオスコリダー    牡2 新馬 1:12.6 -1.3 ± -0.3 -1.0 103   B D
7R D1400 ワンダーリーデル    牡3 500万下 1:23.7 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C C
9R D1800 スマートボムシェル    牡4 鷹取特別1000 1:50.7 -1.6 ± -0.3 -1.3 103   C C
11R D1400 ゴーイングパワー    牡7 天保山S 1:22.7 -0.1 ± +0.8 -0.9 92   E D

         

■ワンポイントアドバイス
見習い騎手・復活組(3人)のその後
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。