Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/06/26 (日)
2016年1回函館4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス1秒2からマイナス1秒0へと変動した。ここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開幕週がマイナス2秒台、先週がマイナス1秒台となっている。
 1週目と2週目でおよそ1秒の違いがあるという事は事実。先週は雨や風の影響で開幕週よりは時計が掛かっていた。
 土曜は昼過ぎまで雨が降り続いて、時計が掛かって行った。それでもマイナス1秒台なので、ちょっと不振な感じもするが、やはり開幕週よりは時計が掛かってきていた。そして土曜夜の雨で、日曜の馬場差は土曜よりもさらに水準方向に近づいて、昼ごろの雨で午後は午前よりも時計は掛かった。連対馬について、脚質の偏りはなく、言い換えると差し馬も上位に来たという事。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からマイナス2秒0へと変動、日曜はマイナス2秒0だった。ここまでさかのぼって4日間の馬場差を振り返っておくと、最も水準に近い日でも2日目のマイナス1秒1で、速い時計の出るコンディションが続いている。
 ここまでの4日は雨の影響が残って良馬場発表の日はなくて、脚抜きの良いコンディションだった。土曜は雨の影響で後半の方がさらに時計が出やすくなって、日曜は土曜終盤と同レベルだった。なお、日曜は馬場発表が不良から重に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬については、前へ行った馬が優勢、中団の連対は日曜後半の2頭だけ。後方からの連対はゼロだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/06/26 (日)  芝=-1.2 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ヤマカツサファイヤ    牝3 未勝利・牝 1:10.0 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C D
3R T1800 ドーノデルソーレ    牡3 未勝利 1:50.4 +0.2 ± +1.3 -1.1 87   E D
5R T1200 レヴァンテライオン    牡2 新馬 1:10.9 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   D D
6R T2000 キャプテンロブロイ 牡3 未勝利 2:03.0 -0.2 ± +0.8 -1.0 92   D C
ビービーブレスユー 牡3
8R T1200 アドマイヤスカイ    牡4 500万下 1:10.1 +0.1 ± +0.7 -0.6 93   D D
10R T1800 カルヴァリオ    セ3 奥尻特別500 1:47.8 -1.5 ± -0.6 -0.9 106   B C
11R T1200 ウォーターショパン    牡5 UHBH1000 1:09.4 -0.2 ± +0.4 -0.6 96   D C

2016-06-26 (日)  ダ=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 パルパルパンダ    牝3 未勝利 0:58.6 -1.3 ± -0.1 -1.2 101   C D
4R D1700 コウギョウマシェリ    牝3 未勝利 1:45.4 -2.2 ± -0.2 -2.0 102   C D
7R D1700 オイルタウン    牡4 500万下 1:45.0 -1.4 ± +0.6 -2.0 94   D D
9R D1700 ショウナンカサロ    牝4 500万下・牝 1:43.8 -2.6 ± -0.6 -2.0 106   B D
12R D1700 スズカリバー    牡4 津軽海峡1000 1:43.1 -2.5 ± -0.5 -2.0 105   B D

         

■ワンポイントアドバイス
6月の2歳戦を振り返って
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。