Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/06/26 (日)
2016年3回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7からプラス1秒1へと変動、日曜がプラス0秒8だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒台の数値だったが、6日目以降は雨の影響でほとんどがプラスの数値だった。
 阪神地域は火曜からずっと雨で、金曜・土曜も雨だった。土曜のレースが行われている時間帯についても、終盤は雨が降った。という事で、そもそも時計の掛かるコンディションだった上、終盤はさらに時計が掛かって変動となった。土曜夜、強くはないが雨が降ったが、日曜は土曜終盤と比べれば、水準方向に戻してプラス0秒8。馬場発表は重馬場から稍重に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。なお、連対馬の脚質、目立った偏りはなく、前へ行った馬と中団から差して来た馬という組み合わせだったレースが、土日それぞれ3鞍ずつあった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス3秒0からマイナス3秒2、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒5へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒を超える数値で、良馬場でも速い時計の出るコンディションだった。さらに雨の影響を受けると、2日目や7日目のように、超のつく高速馬場になった。
 まず土曜は雨の影響でかなり脚抜きが良くなって、終日マイナス3秒台。終盤再び雨が降った事で、12Rだけがそれまでよりもさらに高速馬場になった。日曜は土曜ほどでもないが、それでも高速馬場。日曜の中では終盤の方がいくらか乾いて、数値は水準方向に近づいた。連対馬の脚質を見ると前目に位置した馬が優勢だった。ダートの道悪で必ずしも前の馬が有利でないという事は、当番組では時折触れているが、先週は特殊とも言えるコンディションで、差し馬の連対が少なかった。ただ、前へ行った馬と言っても逃げ馬の連対が多くなかったという事は強調しておきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/06/26 (日)  芝=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ロードキング    牡3 未勝利 1:35.8 +0.4 ± -0.2 +0.6 102   C C
5R T1800 アンバーミニー    牝2 新馬 1:51.4 +2.0 -0.9 +0.4 +0.7 96   D B
7R T2200 サトノエトワール    牡3 500万下 2:15.1 +0.9 -0.6 -0.6 +0.9 106   B B
8R T1800 ギモーヴ    牝3 城崎特別500 1:49.3 +2.0 -0.9 +0.4 +0.7 96   D C
9R T1200 キーナンバー    牡3 皆生特H1000 1:09.4 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C B
11R T2200 マリアライト    牝5 宝塚記念G1 2:12.8 +1.0 ± +0.1 +0.9 99   C A

2016-06-26 (日)  ダ=-1.8 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ウエスタンビジュー    牝3 未勝利・牝 1:25.4 -0.5 ± +0.9 -1.4 91   E C
2R D1800 ローデルバーン    牡3 未勝利 1:53.3 -1.0 ± +0.8 -1.8 92   D D
3R D1200 ウォーターバオバブ    牡3 未勝利 1:11.7 -1.4 ± -0.2 -1.2 102   C D
6R D1800 ロイヤルパンプ    牡4 500万下 1:51.0 -2.1 ± -0.4 -1.7 104 B B
10R D1800 モルトベーネ    牡4 花のみち1600 1:49.8 -1.7 ± -0.2 -1.5 102   C C
12R D1400 ワンダーリーデル    牡3 リボン賞1000 1:23.2 -1.0 ± +0.2 -1.2 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
6月の2歳戦を振り返って
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。