Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/07/03 (日)
2016年1回函館6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒1からマイナス0秒9へと変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス1秒0へと変動した。まずはさかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、時計の出方は安定していない。開幕週はマイナス2秒台でかなり速い時計の出るコンディション。3日目以降は全て変動となっている。
 土曜の前半5Rまでは馬場差マイナス2秒1。1週目と変わらない高速馬場だったが、昼過ぎから雨が降り出すと一転した。8Rがマイナス1秒3となり、そこからさらに水準方向に変動して12Rはマイナス0秒9。洋芝のコースは雨が降るとこういう風に一気に時計がかかるようになる。土曜の夜中まで雨が降り続いて、日曜の2Rは馬場差マイナス0秒6。土曜の後半よりさらに時計が掛かる馬場になった。そこから乾いて徐々にマイナス方向に変動したが、12Rでもマイナス1秒0。この時点で土曜の前半とかなり違っていたし、日曜は土曜より差し馬の好走が多かった。今週までAコース使用だが、仮に完全に乾いた馬場という風に想定すると、マイナス1秒台後半の馬場差まで戻ると思う。
ダート
 1700m対象の馬場差は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒9へと変動、日曜はマイナス2秒1からマイナス1秒7へと変動した。まずはさかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で基本的に速い時計の出る馬場だが、終日良馬場だった事は1回もなく、総じてかなり脚抜きの良いコンディションになっている。
 土曜の前半は、この開催で初めての良馬場で、2Rと3Rはマイナス0秒5という馬場差だったが、昼過ぎから雨となって6Rから徐々にマイナス方向へ変動した。土曜9Rの馬場差はマイナス0秒9、土曜の夜中まで雨が降り続いて日曜は不良馬場でスタートした。1Rと3Rがマイナス2秒1、6Rから徐々に水準方向へ変動したが、10Rでもマイナス1秒7と1日を通して高速馬場のままだった。不良あるいは重の日曜はかなりの前残り傾向だったが、そうは言っても土曜も前残り傾向だった。馬場状態を問わず函館ダートというのは前残り傾向なのが普通。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/03 (日)  芝=-0.6 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 エアオブザドラゴン    牡3 未勝利 1:10.8 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D D
4R T1800 アグネスリバティ    牡3 未勝利 1:50.1 -0.1 -0.5 ±0 -0.6 100   C D
5R T1200 メローブリーズ    牝2 新馬 1:11.0 -0.3 -0.2 -0.1 -0.4 101   C D
7R T2000 アグレアーブル    牝3 500万下・牝 2:01.7 -0.5 -0.6 -0.3 -0.8 103 C D
9R T2600 メゾンリー    牡3 500万下 2:42.5 -0.1 -0.4 +0.7 -1.2 93   D D
11R T1800 レッドレイヴン    牡6 巴賞 1:47.7 +0.5 ± +1.4 -0.9 86   E D
12R T1200 フミノムーン    牡4 道新スポ1000 1:10.1 +0.5 -0.2 +0.9 -0.6 91   S C

2016-07-03 (日)  ダ=-2.1 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 プリンシアラッテオ    牝3 未勝利 0:59.3 -0.6 -0.1 +0.5 -1.1 95   D D
3R D1700 ハギノスノーボール    牡3 未勝利 1:44.1 -3.5 ± -1.4 -2.1 114   A C
6R D1000 ダイアモンドノーム    牝3 500万下 0:58.3 -0.9 ± +0.2 -1.1 98   C D
8R D1700 サクラエンパイア    牡3 500万下 1:44.9 -1.5 ± +0.3 -1.8 97   C B
10R D1700 マヤノカデンツァ    牡7 檜山特H1000 1:43.8 -1.8 ± -0.1 -1.7 101   C D

         

■ワンポイントアドバイス
近年の七夕賞について
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。