Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/07/09 (土)
2016年2回福島3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒3だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週だった先々週はマイナス1秒台だったが、先週は一転してプラスの数値だった。
 金曜の夜に雨が降って、土曜も断続的に降っていた。土曜は終日稍重で1週目より2秒以上時計の掛かるコンディションだった。日曜は乾いて良馬場となり、土曜よりは速い時計が出るようになったが、それでもプラスの馬場差のままだった。この開催の芝は1週目から結構差しが届いていたが、時計が掛かるようになった先週はその傾向が強くなった。ただし、今週からBコースに移るので、そういう傾向がリセットされる可能性もある。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒5へと変動、日曜はマイナス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は水準レベル。先週については、土曜はいくらか時計が出やすくなったが、日曜は水準レベルに戻って行った。
 金曜の夜から雨が降って、土曜も断続的に降っていた。土曜は稍重。6Rまでがマイナス0秒3、8R以降はマイナス0秒5という馬場差で、やや速い時計が出る状態だった。日曜は稍重でスタートして8R以降は良馬場。馬場差は1Rがマイナス0秒3、そこから水準方向に変動して10Rはプラスマイナスゼロだった。勝った馬9頭中8頭が4コーナー3番手以内で2着も9頭中7頭が4コーナー3番手以内だった。福島のダートらしい結果だが、実は行った行ったの先行決着が多いという訳でもなくて、マクリ気味に上がってきて、4コーナーでは前に取り付いていたと。そういう馬の好走が多かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/09 (土)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 タケショウベスト    牝2 新馬・牝 1:12.1 +1.6 -0.1 +0.9 +0.6 91   E C
7R T1200 ラインスラッガー    牡3 未勝利 1:10.4 +0.7 ± +0.1 +0.6 99   C C
9R T2600 シュペルミエール    牡3 開成山特500 2:42.0 +1.3 -0.6 -0.6 +1.3 106   B D
10R T2000 カウニスクッカ    牝5 松島特別1000 2:00.9 +1.0 ± ±0 +1.0 100   C C
11R T1800 ウインインスパイア    牡5 阿武隈H1600 1:48.1 +1.6 ± +0.7 +0.9 93   D D

2016-07-09 (土)  ダ=-0.3 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 スプリングキャロル    牝3 未勝利・牝 1:47.1 ±0 ± +0.3 -0.3 97   C D
3R D1700 サングラスポテト    牡3 未勝利 1:46.4 -0.7 ± -0.4 -0.3 104 B C
6R D1150 カシノアーニング    牡3 未勝利 1:10.1 +0.9 ± +1.1 -0.2 89   E D
8R D1150 アトランタ    牡4 500万下 1:08.5 ±0 ± +0.3 -0.3 97   D C
12R D1700 パイロキシン    牡4 500万下 1:45.9 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
200mの距離延長について
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。