Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/07/23 (土)
2016年2回函館5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台でしかも、マイナス1秒9からマイナス1秒6の間で推移しており、大きな動きはなく速い時計の出るコンディションだった。
 先週は完全な良馬場だったが、Bコース使用2週目で1週前よりは少しだけ時計が掛かるようになった。今年は良馬場ならマイナス1秒5以上の馬場差ばかりだった。時計の掛かる函館芝というイメージはあまり持たない方が、もう良いのかもしれないが、今年もハービンジャー産駒が大活躍だった。時計の出方がどうであれ、洋芝らしいという、そういうところは健在だった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、1・2週目はマイナス1秒0かそれに近いレベルだったが、先週は水準方向に動き、今年の函館ダートでは時計の掛かるコンディションだった。
 先週はかなり乾燥した良馬場で、なおかつ土曜より日曜の方が含水率は低かった。っと言っても馬場差はマイナスだが、日曜は今年の函館で最も時計の掛かる状態になっていた。なお、上位馬の脚質だが、4コーナー2番手以内の馬が2着以内に入らなかったのは、土日合わせて2回だけ。いつもの函館ダートらしかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/23 (土)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 サトノアリシア    牝2 未勝利 1:50.4 -0.7 ± +0.7 -1.4 93   D C
4R T1200 シェヴェルニー    牝3 未勝利 1:09.4 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C D
6R T1800 ダイフク    牡3 未勝利 1:49.4 -0.8 ± +0.6 -1.4 94   D C
7R T1200 アズマクィーン    牝4 500万下 1:08.5 -1.5 ± -0.5 -1.0 105   B C
9R T2000 ルアンジュ    牝4 500万下 2:00.9 -1.3 ± +0.3 -1.6 97   C D
10R T2600 クラシックエース    牡4 横津岳特500 2:41.6 -1.0 -0.4 +0.7 -2.1 93   D D
11R T1200 ホッコーサラスター    牝5 函館日刊1600 1:08.6 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D D

2016-07-23 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 エアショウ    牝3 未勝利・牝 1:47.6 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D D
3R D1000 アメリカントップ    牡3 未勝利 0:58.8 -1.1 ± -0.8 -0.3 108   A D
5R D1700 マコトシャムロック    牡3 未勝利 1:48.3 +0.7 ± +1.2 -0.5 88   E D
8R D1000 メジャーフォルム    牝4 500万下・牝 0:58.8 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C C
12R D1700 カラクプア    牡3 駒場特別1000 1:45.4 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   C C

         

■ワンポイントアドバイス
アイビスサマーダッシュはリピーターが少ない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。