Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/07/24 (日)
2016年2回福島8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週こそ速い時計の出るコンディションだったが、3日目は雨の影響で時計が掛かった。そして4日目以降は水準前後か、やや時計の掛かるレベルのコンディションだった。
 金曜日の早朝に雨が降ったが、芝に関してはほとんど影響はなかった。1週前より時計が掛かるようになっていたのは、レースによって芝が傷んだ事による自然な変化で、先週の中でも土曜と日曜で数値が異なるのも自然な変化。力の要る馬場で、日曜はコンデュイット産駒が5連対。サンデーサイレンス系を見ると、ダイワメジャー・ステイゴールド・ネオユニヴァースの系統が好走していて、所謂切れ味タイプは苦戦していた。内側が傷んでいて、先行馬が最初から内を空けて走っていた。直線で内を通った馬が全滅というほどではなく、差し馬天国とまでは行かない、そういう状態だったが、直線で伸びたのは真ん中より外。福島にしては、差し馬が勝つレースが多かった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜はプラス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日もあるものの、脚抜きの良いコンディションとまでは行かず、水準かそれに近いレベルで推移していた。
 金曜の早朝に雨が降って金曜の正午には稍重だった。その後は雨が降らず、良馬場となり、日曜の方が土曜より乾いていたので、土日で馬場差が異なっていた。1700mでは、差し・マクリの馬が好走する事が多く、特に古馬の1700mでは差し馬の好走が多かった。ただし、その理由は馬場状態ではなくて、速い流れでラスト200mが13秒以上掛かっていたため。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/24 (日)  芝=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ダイイチターミナル    牡2 未勝利 1:10.1 -0.2 ± -0.4 +0.2 104   B C
2R T1800 フラワープレミア    牡2 未勝利 1:51.0 +1.4 ± +1.0 +0.4 90   E C
5R T2000 キングズラッシュ    牡2 新馬 2:03.3 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C C
6R T1200 プロイエット    牝3 未勝利 1:10.0 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C C
7R T2000 マイネルビッグバン    牡3 未勝利 2:02.8 +1.2 ± +0.8 +0.4 92   D C
9R T1800 ルグランパントル    セ4 栗子特別500 1:49.0 +1.1 -0.3 +0.4 +0.4 96   D C
11R T1800 ウインフルブルーム    牡5 福島テレ 1:47.3 +1.5 ± +1.1 +0.4 89   E D
12R T1200 テンテマリ    牝5 500万下 1:09.2 ±0 ± -0.2 +0.2 102   C D

2016-07-24 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1150 ペイシャバラード    牝3 未勝利 1:09.5 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C C
4R D1700 ニシノファルコン    牡3 未勝利 1:48.4 +1.3 ± +1.1 +0.2 89   E D
8R D1700 ファンシーリシェス    牝4 500万下・牝 1:46.6 +0.6 ± +0.4 +0.2 96 D C
10R D1700 ベルウッドケルン    牡4 横手特別1000 1:45.8 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
アイビスサマーダッシュはリピーターが少ない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。