Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/07/24 (日)
2016年3回中京8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。開幕週は土日ともマイナス2秒6の馬場差で高速馬場だった。2週目特に3日目は雨の影響で時計が掛かったが、後半2週はマイナス1秒台だった。
 先週は全く雨が降っていなくて、馬場差は1週前とほぼ同じだった。馬場差マイナス1秒7と言うと高速馬場のように感じるが、芝2000mの基準タイムを比較すると実は福島よりそもそも1秒以上遅い。なので、これでは中京にしては速い時計が出るという程度で、このぐらいの馬場ならパワータイプが優先になる。ダイワメジャー産駒が3勝しているのが目立った。土曜1Rは先行2頭が内を通って2着・3着。その2頭の外に出した馬が勝った。しかし4Rではもう逃げた馬が直線で内側を避けるようになって、日曜は完全な外差し馬場。つまり6日目と同じようになっていた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差で中でも2週目は雨の影響で脚抜きの良いコンディションだった。他の週はマイナス1秒に近いレベルで推移していた。
 この開催のダートは良馬場ならマイナス0秒7から0秒9の馬場差が多く、先週はこの開催の標準的な馬場だったと言える。その先週は土曜日は差し馬の好走が多くて、日曜日は先行馬の好走が多いが、原因は2つある。まず日曜の方がレベルの高いレースが多かった事、そして土曜日は1200mがなかった事。レベルの高いダートのレースというのは先行決着になりやすいですし、中京のダートの中では1200mが抜けて先行馬の好走が多い。1400mでは差しが決まりやすくなるが、日曜の1400mはどちらも先行決着。ただし、この2つはAランクとBランクだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/24 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ハナズレジェンド    牡3 未勝利 1:35.0 -1.3 ± +0.1 -1.4 99   C D
5R T1600 クライムメジャー    牡2 新馬 1:35.6 -1.7 -0.5 -0.8 -1.4 108   B C
7R T2000 ヴィブロス    牝3 500万下・牝 2:00.5 -1.5 ± +0.2 -1.7 98   C D
9R T2200 トーセンバジル    牡4 渥美特別500 2:13.6 -1.6 -0.5 -0.2 -1.9 102   C C
11R T1600 ガリバルディ    牡5 中京記念HG3 1:33.6 -0.1 -0.2 +1.1 -1.4 89   E C
12R T1400 ラクアミ    牝4 500万下 1:21.2 -1.0 ± +0.2 -1.2 98   C C

2016-07-24 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アードラー    牡2 未勝利 1:12.9 -0.9 ± -0.4 -0.5 104   B D
3R D1200 シルバーメール    牝3 未勝利 1:12.6 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C C
6R D1800 トウカイエクレール    牡3 未勝利 1:53.8 -1.0 ± -0.3 -0.7 103   C D
8R D1400 カフジオリオン    牡4 500万下 1:23.7 -1.4 ± -0.9 -0.5 109 A C
10R D1400 プレスティージオ    牡3 香嵐渓特1000 1:23.6 -0.8 ± -0.3 -0.5 103   B C

         

■ワンポイントアドバイス
アイビスサマーダッシュはリピーターが少ない
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。