Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/07/30 (土)
2016年2回小倉1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。
 昨年の開幕週がマイナス1秒0とマイナス0秒9だったので、小倉芝も昨年と同レベル。速い時計の出るレベルだが、超のつく高速馬場ではない。上位馬の脚質については、目立った偏りはなく差し馬も上位に来ていた。日曜の勝ち馬は逃げ・先行馬が多かったが、これはそもそも勝ち馬がスピード上位であったためではないだろうか。なお、2回小倉も6週の開催で、4週目までAコース。ただ、後半2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒8だった。
 土曜時点でやや時計が掛かっていた上、日曜の方がさらに掛かっていた。明確な事はちょっと言えないが、乾燥が進んだと見るのが妥当かもしれない。なお、連対馬の脚質に目立った偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/07/30 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 キョウヘイ    牡2 未勝利 1:09.0 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C D
3R T1200 ヒワラニ    牝3 未勝利 1:08.1 -1.0 ± -0.5 -0.5 105   B D
5R T1200 ナムラアイドル    牝2 新馬 1:09.4 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C C
6R T2000 メイショウメリリー    牝3 未勝利 2:00.6 -0.2 ± +0.7 -0.9 93   D D
9R T1200 ウィズアミッション    牝5 伊万里特500 1:08.2 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C D
10R T1800 クラウディオス    セ6 不知火H1000 1:47.9 +1.5 ± +2.3 -0.8 77   E D

2016-07-30 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 アリノマンボ    牝3 未勝利 1:46.5 +0.2 ± -0.3 +0.5 103   C D
7R D1700 スマートノエル    牝4 500万下・牝 1:45.7 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C D
11R D1700 サンライズホーム    牡5 KBC杯1600 1:44.5 +0.9 ± +0.4 +0.5 96   D C
12R D1000 ウォーターメアヌイ    牝4 500万下 0:58.8 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
WIN5 新潟・小倉の最終レースは人気サイドで
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。