Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/08/20 (土)
2016年2回新潟7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。まずさかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、4日目まではマイナス1秒1。5日目以降はマイナス1秒0でほとんど変わらず速い時計の出るコンディション。そして、直線1000mの馬場差は全てマイナス0秒3。
 先週は水曜日に約40ミリの雨が降っているが、水はけの良いコースなので水曜日の雨だったら週末には影響していない。馬場差は先々週と同じ。なおかつ開幕週からずっと安定しているが、これは近年の夏の新潟の特徴。残り2週もAコース使用だが、レース当日に雨の影響がなければ最終日まで馬場差は大きくは変わらないだろうと推測できる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは全てプラスの数値で、3週目を除けばプラス0秒5かプラス0秒6でほとんど変わらず、やや時計の掛かるコンディション。一方1200mについては、マイナス0秒4かマイナス0秒3。
 水曜日に降った雨の影響が少し残っていて、日曜より土曜の方が含水率は高かった。そのため、1800mも1200mも土曜の方が少し速い時計が出るコンディションだった。こんなに差しが決まる新潟ダートは珍しいというぐらいだったが、原因はハイペースのレースが多かった事。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/08/20 (土)  芝=-1.0 / 直=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ハートオブスワロー    牝2 未勝利・牝 1:34.7 -0.6 ± +0.2 -0.8 98   C C
3R T2000 コスモピクシス    牝3 未勝利 2:01.2 -0.3 -0.5 +0.2 -1.0 98   C C
5R T2000 マテラレックス    牡2 新馬 2:03.7 +1.0 -0.6 +1.4 -1.0 86   S D
6R T1400 ブライトンロック    牡2 新馬 1:23.6 +0.4 -0.3 +0.8 -0.7 92   S C
7R T1000 クラウンアゲン    牝3 未勝利・牝 0:54.9 -0.9 ± -0.6 -0.3 106   B D
9R T2400 ステイパーシスト    牡3 出雲崎特500 2:26.5 ±0 -0.8 +0.4 -1.2 96   C D
11R T2200 ヴォルシェーブ    牡5 日本海S1600 2:15.3 +3.3 -1.2 +3.2 -1.1 68   S C

2016-08-20 (土)  ダ=+0.5 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 ロマンコスモ    セ3 未勝利 1:12.5 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
4R D1800 リュイールスター    牝3 未勝利・牝 1:55.5 +1.7 ± +1.2 +0.5 88   E D
8R D1800 ラジオデイズ    牡5 500万下 1:53.3 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C C
10R D1200 リバーソウル    牡5 苗場特別1000 1:11.1 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C C
12R D1200 オメガハイヌーン    牡4 500万下 1:11.1 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B C

         

■ワンポイントアドバイス
土曜1Rにみる ハーツクライ産駒の特徴
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。