Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/08/28 (日)
2016年2回札幌4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒8だった。まず芝の馬場差を振り返っておく。1回開催は全てマイナス1秒台だった。この開催1週目はマイナス1秒1でスタートしたが、その後は雨の影響で時計が掛かった。先週はマイナスゾーンに戻ったが、マイナス1秒台ではなかった。
 土日とも良馬場だったが、1週前に雨の中で競馬が行われて芝が傷み、1回札幌の3週に比べれば時計が掛かるようになった。っと言ってもまだマイナスの馬場差で、さらに内が有利とか外が伸びると言った馬場の偏りはなかった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜はマイナス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、この開催初日後半から2日目にかけては雨の影響でマイナス1秒台の数値となった。
 先週は火曜に32.5ミリ、そして金曜に2ミリの雨。その影響が残っていた土曜の方が日曜よりも含水率が高く、少しだけ速い時計が出る状態だった。札幌のダートらしくレイによって先行馬の好走が多かった。土曜の4Rで追い込みに近い差し切りが決まっているが、今の時期の3歳未勝利戦というのはだいたいレベルが低くて、それほどハイペースでもないのに、前が止まって差しが決まるという事が結構ある。その一例に過ぎないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/08/28 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 サングレーザー    牡2 未勝利 1:51.6 -0.8 -1.0 +0.5 -2.3 95   D C
4R T1500 マカレア    牝3 未勝利 1:29.1 -1.0 ± -0.4 -0.6 104   B C
6R T2600 グランドバローズ    牡3 未勝利 2:44.0 +0.4 -0.5 +0.9 -1.0 91   D C
8R T2000 サトノメサイア    牡4 500万下 2:02.1 ±0 ± +0.8 -0.8 92   D C
10R T1200 クリノハッチャン    牝5 ワールド1000 1:09.5 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
11R T1200 ブランボヌール    牝3 キーンラG3 1:08.5 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C
12R T1800 メイクアップ    牡5 ワールド1000 1:50.5 +2.0 -0.9 +1.8 -0.7 82   S C

2016-08-28 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 アッキー    牝3 未勝利・牝 1:46.1 -0.7 ± -0.3 -0.4 103   C D
3R D1700 ライトブリンガー    牡3 未勝利 1:46.2 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C D
5R D1700 サリーバットマン    牡2 新馬 1:48.2 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D D
7R D1000 トーセンミッション    牡4 500万下 0:59.0 ±0 ± +0.2 -0.2 98   C C
9R D1700 カレンマタドール    セ5 ニセコ特500 1:47.5 +1.8 -0.6 +1.6 +0.2 84   S C

         

■ワンポイントアドバイス
サマー2000シリーズ最終戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。