Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/08/28 (日)
2016年2回新潟10日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒9。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。開催8日目まではマイナス1秒台の数値が続いていたが、先週はいくらか水準方向に近づいた。なお、直線1000mの馬場差はここまで全てマイナス0秒3。
 先週の金曜の夜から土曜の明け方まで雨が降って、土曜は少し湿った馬場。そのため日曜より土曜の方が少しだけ時計の掛かる状態だったが、Aコースを連続で5週間使用しても初日から大きくは馬場差は変わっていない。Aコース6週目となる今週も雨の影響がなければ、先週とあまり変わらない馬場差になるだろう。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6。1200mは土曜は行われず、日曜の馬場差はマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは開催3週目を除けばプラス0秒5か0秒6。1200mはマイナス0秒4からマイナス0秒2の間で推移しており、大きな動きはない。
 金曜の夜から土曜の明け方まで雨が降って、土曜は少し湿った馬場。そのため日曜より土曜の方が少しだけ速い状態だったが、土日とも今開催の標準的な馬場だった。土曜より日曜の方が全体の傾向として逃げ・先行馬の好走が多いように見えるが、土曜が全て1800mで日曜は5レース中4レースが1200mだったため。では、1800mは差しが届きやすかったのかと言うと日曜の3Rは上がりの掛かったEランクのレース。土曜も1着馬は4頭中3頭が4コーナー2番手以内であり、いつもの新潟ダートらしく前につけている馬が有利だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/08/28 (日)  芝=-0.9 / 直=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1000 レジーナフォルテ    牝2 未勝利 0:55.0 -1.2 ± -0.9 -0.3 109   A C
5R T1200 ダノンハイパワー    牡2 新馬 1:11.4 +1.1 ± +1.6 -0.5 84   E C
6R T1800 ストリートキャップ    牡4 500万下 1:46.4 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D D
7R T2000 スクエアフォールド    セ3 500万下 1:58.7 -1.3 ± -0.4 -0.9 104   B D
9R T1600 チャンピオンルパン    牡5 五頭連峰1000 1:33.0 -0.3 -0.3 +0.1 -0.7 99   C C
10R T1400 ペイシャフェリス    牝5 朱鷺S 1:20.4 +0.2 ± +0.8 -0.6 92   E D
11R T1600 ヴゼットジョリー    牝2 新潟2歳G3 1:34.3 +0.1 -0.7 +0.1 -0.7 99   C C

2016-08-28 (日)  ダ=+0.6 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ハングリーベン    牡2 未勝利 1:13.4 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
3R D1800 アルティジャーノ    セ3 未勝利 1:55.3 +1.5 ± +0.9 +0.6 91   E D
4R D1200 パーソナルブルー    牡3 未勝利 1:12.4 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D
8R D1200 クリプトスコード    牝3 500万下・牝 1:12.0 +0.1 ± +0.3 -0.2 97   D D
12R D1200 パラダイスガーデン    牝4 500万下 1:12.1 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
サマー2000シリーズ最終戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。