Victory Road

アダルト動画

2016/09/18 (日)
2016年4回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜はプラス0秒5からプラス0秒9へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、3日目まではマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだったが、4日目は一転してプラスの数値になった。
 先週の阪神は水曜以降は雨が降らなくて、土曜については開幕週より少し掛かるぐらいで高速馬場だった。ただ、日曜は未明からまとまった雨が降って、2000m換算の数値でプラス0秒5と時計の掛かる馬場になった。その後も雨が降って、終盤はプラス0秒9になった。脚質的に特徴的だったのは、後方からの追い込み馬の連対が1頭だけだったという事。何が何でも先行有利ではないが、差して来るにしても好位もしくは中団にいないと厳しい状況だった。基本的には内を通った馬が有利で、日曜は6鞍中5鞍で逃げ馬が連対した。ペース遅めのレースが多かったとは言え、やはり内目を通った馬の活躍が目立った。なお、今週から後半2週はBコース使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜はマイナス0秒2からマイナス0秒5へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、3日目まではマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだったが、それと比べて4日目は水準寄りになり、時計が掛かった。
 良馬場だった土曜は開幕週に近いレベルで速い時計の出るコンディションだった。日曜はダートも雨の影響を受けて1R時点水が浮いていた。こうなると脚抜きが良いというレベルを通り超して、逆に時計が掛かった。後半は雨が止んで水が引いていって、12R時点ではそれまでと比べれば、時計が出やすくなっていた。とは言え、土曜よりも1日を通じての時計は掛かっている。ダートで不良になったから時計が出やすくなったという言わば常識とは逆になっているので、その点は注意して欲しい。脚質的には目立った傾向はなくて、先行・差しを問わずまんべんなく連対していた。いずれにしろ後方からの追い込み馬が不利になる馬場ではなくて、その状況は雨が降っても降らなくても同じだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/09/18 (日)  芝=+0.5 → +0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ドロウアカード    牝2 未勝利 1:36.9 +1.0 ± +0.6 +0.4 94   D C
5R T1800 ワンダープチュック    牡2 新馬 1:50.5 +1.4 -0.7 +0.1 +0.6 99   C C
7R T2200 アグリッパーバイオ    牡5 500万下 2:14.8 +0.6 ± -0.3 +0.9 103   C C
9R T2000 プリメラアスール    牝4 能勢特別1000 2:01.5 +1.3 ± +0.4 +0.9 96   D C
10R T1400 ブラヴィッシモ    牡4 仲秋SH1600 1:22.2 +1.2 ± +0.6 +0.6 94   D D
11R T1800 シンハライト    牝3 ローズSG2 1:46.7 +0.7 -0.5 -0.6 +0.8 106 B C

2016-09-18 (日)  ダ=-0.2 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 メイプルブラザー    牡2 未勝利 1:55.5 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D E
3R D1800 アルマレイモミ    牝3 未勝利・牝 1:54.4 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D D
4R D1400 メイショウヤクシマ    牡3 未勝利 1:26.0 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D D
6R D1400 ブラックジョー    セ3 500万下 1:25.2 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D D
8R D1800 キタサンコンサート    牡4 500万下 1:54.5 +1.4 ± +1.6 -0.2 84   E D
12R D1800 マウントハレアカラ    牡4 1000万下 1:50.8 -1.5 ± -1.0 -0.5 110 A C

         

■ワンポイントアドバイス
時にはざっくりとした予想を
 先週日曜の1Rは中山/阪神とも2歳未勝利のダート1800m戦だった。両レースともメンバーランクはEで、はっきり言って予想する際どの馬の印を打つべきか頭を悩ませるレースだった。ただ終わってみればどちらのレースも1.2着は初ダートの馬で阪神に至っては3着も初ダートの馬だった。そしてここからが驚くべき事に両レースとも1,2着は現役時代ダートを得意としていた同じ種牡馬の産駒だった。中山は1,2着ともスマートファルコン産駒、阪神は1,2着ともカネヒキリ産駒だった。どちらの1,2着馬も前走芝で1.6秒以上負けていて、さして見せ場もなかったのだが、ダートで一変した。
 結局つまるところ2歳未勝利戦でメンバーランクがE位のレースになると各馬のキャリアが浅すぎて本命馬を選ぶにしても明確な根拠が見いだしにくくなる。ならば戦績には目をつぶってザックリとダート向きの血統だからという理屈のみで買ってみるのも有りかなとも思う。解説者という立場から予想に根拠を求められるのだが、馬券レベルにおいては大まかな見解のみで明確な根拠が不要なケースもある。今回のケースはそのことを痛感した。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。