Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/10/10 (月)
2016年4回東京3日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4へと変動、日曜がプラス0秒5、月曜がマイナス0秒4だった。
 土曜の朝7時頃から雨が降り始め、午前中に14ミリの雨が降った。3Rは馬場差マイナス0秒6で、稍重となった5R以降は2000m換算の馬場差でマイナス0秒4。日曜は朝8時ごろから雨。レースが始まるまでが本降りで、その後に乾くスピードも遅かったので、馬場差は変動ではなかった。通常雨が降って止んだ後の東京の芝というのは、内から乾いて内が伸びるようになるという事が多いが、この日は後半になる程外が伸びる傾向が強くなった。ほとんど乾かなかった事が影響したのだと思う。月曜は乾いて馬場差はマイナス0秒4。土曜の後半と同じになった。先週は雨の影響があって、開幕週らしくない馬場差だったが、完全に乾いた馬場ならマイナス1秒程度の馬場差ではないかと推測される。なお、今週・来週とあと2週はAコースが使用され、4週目からはBコース使用となる。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス1秒4へと変動、日曜がマイナス1秒7、月曜がマイナス1秒5だった。
 土曜の朝7時頃から雨が降り始め、昼には止んだ。馬場差は変動だが、6R以降は一定。具体的には1600m換算の数値で1Rがマイナス1秒0、2Rがマイナス1秒1で6R以降はマイナス1秒4。日曜は朝8時ごろから雨が降り始めて午前中に止んだが、降雨量は多く、1Rの時点で既に不良馬場だった。曇りで乾くのも遅く、馬場差は一定でマイナス1秒7。そして月曜日は日曜日よりも含水率が下がってマイナス1秒5となり、この日も馬場差は1日を通した数値だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/10 (月)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ロードリベラル    牡2 未勝利 1:35.2 -0.9 ± -0.6 -0.3 106   B D
3R T1800 レッドローゼス    牡2 未勝利 1:50.0 +0.8 -1.0 +0.2 -0.4 98   C C
5R T1600 イノバティブ    牡2 新馬 1:38.7 +2.3 -1.3 +1.3 -0.3 87   S C
8R T1600 クラウンディバイダ    牡3 500万下 1:35.0 +0.2 -0.3 +0.2 -0.3 98   C C
10R T2400 トーセンバジル    牡4 オクトH1600 2:27.8 +2.3 -1.0 +1.8 -0.5 82   S C
12R T1800 アドヴェントス    牝3 500万下・牝 1:49.6 +1.9 -1.1 +1.2 -0.4 88 S D

2016-10-10 (月)  ダ=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ユニルドール    牝2 未勝利・牝 1:26.2 -0.2 ± +1.1 -1.3 89   E D
4R D1300 グッドヒューマー    牡2 新馬 1:18.7 -1.2 ± ±0 -1.2 100   C C
6R D1600 シトラスクーラー    セ3 500万下 1:36.8 -1.2 -0.1 +0.2 -1.4 98   C D
7R D1400 ラテラス    牝4 500万下 1:23.3 -1.6 ± -0.3 -1.3 103 B D
9R D1600 コスモカナディアン    牡3 西湖特別1000 1:35.0 -2.2 ± -0.7 -1.5 107   B B
11R D1400 カフジテイク    牡4 グリーン 1:22.0 -0.8 ± +0.5 -1.3 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
秋の500万下は3歳馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。