Victory Road

アダルト動画

2016/10/16 (日)
2016年3回新潟2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7、直線1000mは土日ともにマイナス0秒3だった。
 夏に6週連続で使用したAコースでこの秋開催も行われるが、馬場差は夏開催の最終週とほぼ同じだった。ただ、流石に1週目から外は伸びた。とは言っても内回りなら内を通れば距離ロスがないという利点があり、内を通っても止まるという訳ではなかった。外回りなら内で包まれて外に出せないという事があまりないので、余力のある馬はロス無く自然に外へ出せる。つまり周回コースでは外が伸びる馬場の影響があまりないが、直線1000mではモロに影響があった。普段よりより一層外枠有利になっている。土曜の12Rは1・2着が8枠。日曜の3Rは1着と3着が8枠だった。この開催は3週で行われ、繰り返しになるが全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。
 1週前と先週水曜日の雨が下の方に残っていて、土曜は稍重でスタートしたが、その時点で表面は結構乾いていた。11Rは良馬場だが、前半とそれほどコンディションは変化しておらず、馬場差は変動ではない。日曜はさらに乾いて土曜より少しだけ時計が掛かるようになったものの、0秒1差。稍重から良へ変化していても、時計の出方は土日を通じてあまり変わってはいないという事。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/16 (日)  芝=-0.7 / 直=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T2000 ウインガナドル    牡2 未勝利 2:02.1 -0.1 -0.9 -0.3 -0.7 103   C D
3R T1000 サンバダンサー    牝2 未勝利 0:56.2 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D D
5R T1400 ネオフレグランス    牝2 新馬・牝 1:24.4 +1.3 ± +1.8 -0.5 82   E D
8R T2000 トーアライジン    牡3 500万下 1:59.6 -0.4 -0.8 -0.5 -0.7 105   B D
10R T1800 クリノラホール    牝3 粟島特別500 1:45.6 -0.9 ± -0.3 -0.6 103   C C
11R T1400 トウショウドラフタ    牡3 信越SH 1:20.4 +0.2 ± +0.7 -0.5 93   D D
12R T1200 トーホウハニー    牝4 鳥屋野特500 1:08.9 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D

2016-10-16 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マテラスカイ    牡2 未勝利 1:13.1 ±0 ± +0.3 -0.3 97   D D
4R D1800 メイショウブーケ    牝5 500万下・牝 1:53.6 +0.8 ± +0.5 +0.3 95   D E
6R D1800 サンライズレーヴ    牡5 500万下 1:53.2 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D
7R D1200 リリーヴィクトリー    牡4 500万下・若 1:11.6 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D
9R D1200 ナムラヒューマン    牡4 500万下 1:11.4 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C E

         

■ワンポイントアドバイス
3歳秋の1000万下
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。