Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/10/16 (日)
2016年4回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。開幕週は雨の影響で時計の出方が安定せず、2日目はプラスの数値となった。しかし先週は土日ともにマイナス1秒7で開催初日ほどではないものの、速い時計の出るコンディションだった。雨の影響があった2日目・3日目よりは高速化したが、初日の馬場差までは戻らなかった。とは言ってもかなりの高速馬場で、外を回っていると間に合わないケースが目立った。この開催は全てAコース使用。徐々に外も伸びるようになるという可能性はあるが、今週はまだ内有利だと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで5日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を強く受けた2日目はマイナス2秒台の数値だった。他の開催日もマイナス1秒台かそれに近いレベルになっている。
 先週は雨の影響もなく、乾いていたはずだが、まだマイナス1秒ぐらいの馬場差だった。これから気温は下がって水準方向に動く可能性はあるが、今週はまだ良馬場でも速めの馬場と思っていた方が良さそう。土曜は差し馬の好走が多くて、日曜は6鞍中4鞍が逃げ切りだが、土曜は1200mが組まれていなかった。そして土曜の1800mはハイペースが多かったのに対し、日曜日は1200mが3鞍組まれていて、1800mは2つとも中盤でペースが緩んでいた。日曜の方が土曜より乾いて少しだけ時計が掛かるようになっていたが、土曜は差しやすい馬場で、日曜は前残りの馬場だったという事ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/16 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 ハムレット    牡2 未勝利 1:33.8 -1.8 ± -0.4 -1.4 104   B C
5R T1800 コロナシオン    牝2 新馬 1:50.0 +0.8 -0.8 +1.5 -1.5 85 S C
7R T1600 テラノヴァ    牝3 1000万下 1:32.2 -1.7 ± -0.3 -1.4 103   C C
9R T1400 レッドアンシェル    牡2 もみじS 1:22.0 ±0 -0.2 +1.0 -1.2 90   S C
10R T2200 アドマイヤキズナ    牡3 鳴滝特別1000 2:12.9 -0.2 -0.9 +0.8 -1.9 92   D C
11R T2000 ヴィブロス    牝3 秋華賞G1 1:58.6 -0.3 -0.6 +0.8 -1.7 92   D C

2016-10-16 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 マルカソレイユ    牝2 未勝利・牝 1:24.5 -1.5 ± -0.8 -0.7 108 A C
2R D1200 リリーメーカー    牝2 未勝利 1:12.7 -0.4 ± +0.2 -0.6 98   C D
4R D1200 トウケイライデン    牡2 新馬 1:14.1 +0.8 ± +1.4 -0.6 86   E C
6R D1800 マッシヴランナー    牡4 500万下 1:53.3 +0.7 -0.3 +1.3 -0.6 87   E C
8R D1800 オールブラッシュ    牡4 1000万下 1:50.8 -1.0 ± -0.1 -0.9 101   C C
12R D1200 エイシンバッケン    牡4 藤森S1600 1:11.0 +0.3 ± +0.9 -0.6 91   E C

         

■ワンポイントアドバイス
3歳秋の1000万下
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。