Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/10/23 (日)
2016年4回東京7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。まずはさかのぼって7日間の馬場差を振り返っておくと、2日目は雨の影響でプラスの数値となったが、他の開催日はマイナス0秒6からマイナス0秒3の間で推移しており、大きくは動いていない。ただ、先週は水準に近づいてきた。
 先週は雨の影響は直接全く受けていないが、Aコース3週目で1週前より少し時計が掛かるようになった。先週は13レース中10レースでペース補正が入っており、スローペースばかりだったと言える程だが、それでも単調な前残りにはなりにくいのは東京らしいところ。内側の方、特に4コーナーだが、見た目にも傷んでいて、逃げた馬が内を空けることが多かったものの、その空いた内に入って伸びる馬も結構いた。今週からBコースに移って、内を空けることはなくなり、先週よりは前有利になりそう。また、今週雨の影響がなければ馬場差はマイナス方向に動くはず。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって7日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は雨の影響でマイナス1秒台だったが、4日目はマイナス0秒5。5日目以降は全てマイナス0秒3で安定している。
 先週火曜日以降は雨が降らず、乾いた状態が続いて先週は土日とも5日目と同じ馬場差だった。逃げ切りが5回あって、東京ダートにしては多いが、その逃げ切りが決まった土曜の2Rや日曜の11Rは2着が追い込み馬だった。その他のレースでは平均ペースでも差し決着になっていたりして、特に偏りのある馬場状態ではなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/23 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ムーンザムーン    牝2 未勝利 1:50.5 +1.3 -0.9 +0.7 -0.3 93   D E
2R T2000 マイネルエパティカ    牡2 未勝利 2:02.9 +0.4 -0.4 +0.3 -0.3 97   C D
4R T1400 ジョーストリクトリ    牡2 新馬 1:24.1 +0.5 -0.3 +0.4 -0.2 96   D C
7R T1600 アーチキング    牡3 500万下 1:34.7 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C C
9R T1400 コウソクストレート    牡2 くるみ賞500 1:23.5 +0.8 -0.1 +0.9 -0.2 91   E C
10R T1800 マイネルラフレシア    牡3 甲斐路S1600 1:48.3 +2.0 -1.0 +1.3 -0.3 87   S D
12R T1600 ロングシャドウ    牡6 1000万下 1:34.8 +0.6 ± +0.8 -0.2 92   D D

2016-10-23 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1600 ブランエクラ    牡2 新馬 1:39.4 -0.7 ± -0.4 -0.3 104 B C
5R D1600 ピントゥリッキオ    牝3 500万下・牝 1:40.0 +2.0 -0.4 +1.9 +0.1 81   S D
6R D1400 ストロボフラッシュ    牝3 500万下 1:24.7 -0.2 ± +0.1 -0.3 99   C C
8R D1600 イーグルフェザー    牡3 1000万下 1:36.3 -0.9 ± -0.6 -0.3 106 B C
11R D2100 ミツバ    牡4 ブラジルH 2:08.9 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C D

         

■ワンポイントアドバイス
チェックレース
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。