Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/10/30 (日)
2016年3回新潟6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒2。直線1000mは土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナスの数値だったが、先週は土日ともにプラスの数値だった。直線1000mも同様に先週は時計が掛かっていた。
 金曜から土曜にかけて断続的に雨が降り、土曜日は午前中に小雨が降っていた。そのため土曜は終日稍重。一気にプラスの馬場差となり、1週前より1秒以上時計の掛かる馬場だった。なお、土曜の芝の平地レースは全て雨が止んだ後に行われていて、なおかつ乾くスピードも遅かったので、馬場差は変動では無い。日曜は乾いて水準方向に戻ったが、馬場差はプラスのままだった。先週、もう完全な外伸び馬場になっていて、内回りでも外差しがバンバン決まっていた。従って直線1000mは完全に枠順競馬と化していて、内枠を引いた時点でほぼアウトという馬場だった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておく。1800mは全てプラスの数値だが、プラス0秒2からプラス0秒5の間で推移しており、大きな動きはなかった。特に1週目と3週目は同レベルだった。1200mも1週目と3週目は近い数値で、やや速めの時計が出るレベルだった。
 金曜から土曜にかけて断続的に雨。土曜も午前中は小雨が降っていた。そのため土曜は終日重馬場だったが、高速馬場にはなっていない。日曜は少し乾いて稍重。土曜よりは少しだけ時計が掛かるようになった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/30 (日)  芝=+0.2 / 直=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1800 エテレインミノル    牡2 未勝利 1:47.9 -0.1 -0.5 -0.8 +0.2 108   B D
7R T1200 レッドリーガル    牡4 500万下 1:09.7 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
10R T2200 デバイスドライバー    牡4 岩船特別500 2:15.4 +2.0 -0.6 +1.2 +0.2 88   S C
11R T1000 ラインスピリット    牡5 ルミエー 0:54.9 +0.8 -0.2 +0.3 +0.3 97   D D
12R T1800 レーヌドブリエ    牝4 松浜特別500 1:48.5 +2.0 -1.2 +0.6 +0.2 94   D D

2016-10-30 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 タマモサザンクロス    牡2 未勝利 1:13.4 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D D
3R D1800 ラインセイラ    牝3 500万下・牝 1:54.2 +1.4 ± +1.1 +0.3 89   E D
5R D1200 ヴィーグリーズ    牡2 新馬 1:13.6 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D C
6R D1800 ビークイック    牡3 500万下 1:53.4 +0.6 ± +0.3 +0.3 97   C D
8R D1800 ショートストーリー    牡3 500万下・若 1:52.3 -0.5 ± -0.8 +0.3 108 B C
9R D1200 レアドロップ    牝3 500万下 1:11.7 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
ハービンジャーと馬場状態
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。