Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/10/30 (日)
2016年4回東京9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。まずはさかのぼって9日間の馬場差を確認しておく。2日目は雨の影響でプラスの数値になった。そして先週も雨の影響が残り、3週目と比べて時計が掛かった。いずれにしても大まかな流れとしては、徐々に水準レベルに寄ってきた事になる。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重でスタートした。午後は良馬場に回復したが、乾くスピードは遅く、馬場差は一定。先週からBコースに移って内有利になるかと思ったが、土曜の時点でもそれほど内有利ではなかった。土曜の前半は最内の1頭分だけは良かったが、それも土曜の後半には消滅してしまった模様。日曜に日付が変わった頃から少し雨が降ったものの、日曜は良馬場で土曜より少しだけ速い時計が出るようになった。日曜日になると内側がハッキリ痛んでいて、中程に持ち出した馬がよく伸びた。この後開催は変わるが、今週、そして来週とBコース使用。内が有利になることはないと思う。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておく。開幕週は雨の影響で全てマイナス1秒台の数値だったが、2週目以降はマイナス0秒5からマイナス0秒3の間で推移している。
 金曜の雨によって土曜は稍重だった。しかも乾いて行くスピードが遅かったので、馬場差は変動ではない。日曜は良馬場に回復したが、夜中に少し雨が降った事もあって馬場差は土曜と大きくは違わなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/10/30 (日)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ラユロット    牝2 未勝利・牝 1:37.4 +1.3 -0.5 +0.9 -0.1 91   S C
4R T1400 ビルズトレジャー    牝2 新馬 1:23.6 ±0 -0.4 -0.3 -0.1 103 B C
5R T1800 バルデス    牡2 新馬 1:51.8 +2.3 -1.4 +1.0 -0.1 90   S C
6R T1400 ナンヨーアミーコ    牡3 500万下 1:22.2 ±0 -0.3 -0.2 -0.1 102   C C
9R T2000 メートルダール    牡3 精進湖特1000 2:02.4 +2.3 -1.1 +1.3 -0.1 87   S B
10R T1600 アストラエンブレム    牡3 紅葉SH1600 1:34.2 +0.6 ± +0.7 -0.1 93   D B
11R T2000 モーリス    牡5 天皇賞秋G1 1:59.3 +0.9 -0.7 +0.3 -0.1 97 C A

2016-10-30 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1600 サノサマー    牡2 未勝利 1:39.5 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C D
3R D1400 フジマサクイーン    牝2 未勝利 1:27.3 +0.9 ± +1.3 -0.4 87   E D
7R D1600 クラシコ    牡4 500万下 1:36.8 -1.2 ± -0.8 -0.4 108 B C
8R D1400 ワンミリオンス    牝3 河口湖特1000 1:24.2 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D C
12R D1600 クインズサターン    牡3 三峰山特1000 1:36.1 -1.1 ± -0.7 -0.4 107 B C

         

■ワンポイントアドバイス
ハービンジャーと馬場状態
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。