Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/11/06 (日)
2016年5回東京2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響で水準レベルだった前の開催最終週を除くと、マイナス0秒5からマイナス0秒3の間でほとんど動きはない。
 先々週と違って、土日ともに良馬場。時計の出方としては、前開催2週目と同レベルのコンディションに戻った。恐らくコースが替わって最初の週だった先々週にしても、雨の影響がなければ先週と同じレベルか、それより時計は出やすかったかもしれない。なお、土曜日はインコース有利のレースが多かったが、日曜日はむしろ外めから伸びる馬の方が多かった。連対馬の脚質を見ても、日曜の12レース中中団・後方にいた馬が9頭。逃げ馬の連対はなく、先行馬は1頭だけだった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前開催2週目以降マイナス0秒5からマイナス0秒3で推移していたが、先週は少しだけ水準方向に動いた。
 乾いた馬場の上、気温が下がってジワジワ時計が掛かってきている。時計の出方は水準の良馬場に近く、走破タイムでレースレベルがわかる、極めてシンプルな馬場コンディション。従って土曜12Rのように、落ち着いたレース、こういうペースにならなければ、脚質・位置取り・コース取りの偏りは少なかった。こちらも芝同様逃げ切りは皆無だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/06 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 サクレエクスプレス    牝2 未勝利・牝 1:35.8 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C C
5R T1800 ダイワキャグニー    牡2 新馬 1:49.1 -0.4 -0.8 -0.7 -0.5 107   B C
6R T1400 ディアパヴォーネ    牝2 新馬・牝 1:24.9 +1.3 -0.7 +1.0 -0.4 90   S D
8R T1600 サーブルオール    牡3 1000万下 1:33.9 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C C
9R T2000 アドマイヤミヤビ    牝2 百日草特500 2:03.4 +1.8 -1.3 +1.0 -0.5 90   S C
11R T2500 シュヴァルグラン    牡4 アルゼンHG2 2:33.4 +2.2 -0.9 +1.9 -0.6 81   S C

2016-11-06 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ポンテドーロ    牡2 未勝利 1:26.5 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C C
2R D1600 クインズコースト    牡2 未勝利 1:40.4 +0.6 ± +0.7 -0.1 93   D D
4R D1300 オールドベイリー    牡2 新馬 1:19.6 -0.3 ± -0.2 -0.1 102   C C
7R D1600 ラーリオ    牡3 500万下 1:38.0 ±0 ± +0.1 -0.1 99   C D
10R D2100 モズライジン    牡4 晩秋S1600 2:10.9 +0.5 ± +0.6 -0.1 94   D C
12R D1400 ペプチドウォヘッド    牡4 1000万下 1:24.9 +0.7 ± +0.8 -0.1 92   E D

         

■ワンポイントアドバイス
2歳ハーツクライ産駒に注目
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。