Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/11/13 (日)
2016年3回福島4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒5だった。ここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開催初日こそマイナス1秒で速い時計の出るコンディションだったが、2日目は強風、先週は雨の影響を受けてプラスの数値が続いている。
 金曜の雨の影響が残って土曜は終日稍重で、ここまで4日間で最も時計が掛かった。日曜は土曜と比べれば乾いて、芝は全て良馬場で行われたが、時計の出方としては大きな動きはなく、若干時計が出やすくなったというレベル。連対馬の脚質を見ると、中団・後方の差し馬がやや優勢だが、ペース次第の面もあって、日曜11Rの福島記念をマルターズアポジーが逃げ切ったように、前へ行くとダメだったという訳ではない。この開催は3週で行われ、最終週の今週だけがBコース使用となる。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5からマイナス1秒2へと変動、日曜はマイナス1秒0からマイナス0秒8へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておく。開催初日はプラスゾーンとは言え、水準に近いレベルだったが、2日目は強風の影響で特に1700mは時計が掛かり、先週は雨の影響で一転してマイナスゾーンの数値となった。
 雨の影響で土曜は不良馬場でスタート。途中重馬場に変更された。1700m対象の数値でマイナス1秒5で始まって、いくらか水準方向に動いたが1日を通して脚抜きの良いコンディションだった。日曜は土曜と比べれば乾いて、数値も再び水準方向へ動いたが、それでも速めの時計が出るコンディションだった。つまり推移の方向としては、京都のダートと同じ。連対馬の脚質を見ると、中団・後方の差し馬が優位だった。特に1700mの6鞍で逃げて連対したのは土曜11R2着ナムラミラクルだけ。連対馬のほとんどは中団・後方に位置していた馬だけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/13 (日)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
7R T2000 アプリコットベリー    牝4 500万下・牝 2:02.3 +1.7 ± +1.2 +0.5 88   E D
8R T1200 タケデンタイガー    牡4 500万下 1:09.8 +0.6 ± +0.3 +0.3 97   D D
10R T1200 メイソンジュニア    牡2 福島2歳 1:09.6 +0.5 ± +0.2 +0.3 98   C D
11R T2000 マルターズアポジー    牡4 福島記念HG3 2:00.8 +2.3 -0.3 +1.5 +0.5 85   E C
12R T1800 ヤマカツボーイ    牡4 二本松特500 1:49.5 +1.6 ± +1.1 +0.5 89   E D

2016-11-13 (日)  ダ=-1.0 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 スーパーモリオン    牡2 未勝利 1:08.9 -0.8 ± -0.1 -0.7 101 C C
2R D1700 アームズレングス    牝3 500万下・牝 1:46.4 +0.4 ± +1.4 -1.0 86   E D
3R D1700 エイムハイ    牡4 500万下 1:45.9 -0.1 ± +0.9 -1.0 91   E E
6R D1700 ハッピーメモリーズ    牡5 500万下 1:45.6 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D D
9R D1150 ニシノイナズマ    牡5 500万下 1:08.1 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
混沌とした東京芝の馬場傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。