Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/11/13 (日)
2016年5回東京4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルかいくらか速めの時計が出るレベルで推移している。この開催に入って先々週はマイナス0秒5だったが、先週は水準レベルの数値だった。
 先週は金曜に降った雨の影響がが残ったため、先々週よりも時計が掛かった。土曜は稍重でスタートして途中で良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。日曜は土曜と比較すれば乾いて、馬場差としては0秒1だけ動いて、マイナスゾーンに戻った。土曜だが、逃げ馬が内側を避けて逃げる事が多くて、その分馬群が外へ固まって、外差しの傾向が強まった。日曜は土曜のように外差し優勢ではなかったが、スローペースや緩やかなペースだったという事も言えるかもしれない。芝1400m以外は中から外が伸びる傾向が強かったと思う。なお、今週からの後半2週はCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナスゾーンとは言え、ほとんど水準に近いレベルで推移していたが、先週は土日ともにマイナス1秒台となった。
 ダートの方が雨の影響が強く残って、かなり脚抜きの良いコンディションになった。土曜と比べると、日曜日は少し乾いたが、それでも高速馬場だった。連対馬の脚質を見ると、土曜は朝、つまり2歳未勝利戦で逃げ切りが続いて、勝ち馬については、12Rを除けば前めにつけた馬だった。ただ、中団・後方の馬がダメという訳ではなく、9R以降は中団・後方の馬が3頭連対している。そして、日曜は土曜終盤にも増して中団・後方の馬が連対した。逃げ・先行で連対したのは、12Rの勝ち馬のヒプノティストだけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/13 (日)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 アルミレーナ    牝2 未勝利 1:36.6 +0.5 -0.7 -0.1 -0.1 101   C C
4R T2000 ホウオウパフューム    牝2 未勝利 2:03.4 +0.9 -1.0 ±0 -0.1 100   C C
5R T1600 ハーツブライト    牝2 新馬 1:37.3 +0.9 -0.3 +0.7 -0.1 93   D D
6R T1400 ジャッキー    牡2 新馬 1:26.0 +2.4 -0.9 +1.6 -0.1 84   S C
9R T1800 ワンブレスアウェイ    牝3 tvk賞1000 1:50.1 +3.1 -1.1 +2.1 -0.1 79   S C
10R T1400 グランシルク    牡4 奥多摩S1600 1:21.9 +0.7 -0.3 +0.5 -0.1 95   D C
11R T1400 ナックビーナス    牝3 オーロカH 1:21.6 +0.9 -0.2 +0.8 -0.1 92   E C

2016-11-13 (日)  ダ=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1600 バスカヴィル    牡2 未勝利 1:37.4 -2.4 ± -0.8 -1.6 108   B D
3R D1400 シーエーパイロット    牝2 未勝利 1:25.4 -1.0 ± +0.4 -1.4 96   D D
7R D2100 ナスカザン    牝4 500万下 2:11.6 -0.6 -0.6 +0.9 -1.5 91   D C
8R D1400 コンドルヒデオ    牡4 500万下 1:23.8 -1.1 ± +0.3 -1.4 97   D C
  
12R D1600 ヒプノティスト    牡3 1000万下 1:35.5 -1.7 ± -0.1 -1.6 101   C B

         

■ワンポイントアドバイス
混沌とした東京芝の馬場傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。