Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/11/13 (日)
2016年5回京都4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒台かそれに近いレベルで推移している。
 東京ほどではないが、京都の先週は金曜の雨の影響がいくらか残っていた。そのため土曜は開幕週より少し時計が掛かって、日曜は土曜と比べれば乾いて、再びマイナス1秒台になった。連対馬の脚質を見ると、得意日曜は中団・後方の馬が優勢。日曜で逃げ切った2頭はどちらもペース補正が入っているように、緩やかなペースで逃げていた。なお、今週から後半2週はCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒9からマイナス1秒5へと変動、日曜はマイナス1秒1からマイナス0秒8へと変動した。ここまでさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方が異なり、馬場差が安定しない。先週については、雨の影響が残り特に土曜は速い時計の出るコンディションだった。
 雨の影響で土曜朝は稍重でスタート。途中良馬場に変更されて馬場は乾いて行った。馬場差も朝は1800m換算の数値でマイナス1秒9。その後マイナス1秒7、マイナス1秒5と動いて行った。ただ、1日を通して脚抜きの良いコンディションだった事に変わりはない。日曜は土曜よりも乾いて、終日良馬場。時計の出方としては、土曜と同じく朝の方が時計は出やすかった。なお、連対馬の脚質だが、目立った偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/13 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 カラクレナイ    牝2 未勝利 1:21.9 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C C
4R T1600 アロンザモナ    牝2 新馬・牝 1:36.5 +0.6 -0.7 +0.7 -0.8 93   D C
5R T1800 グローブシアター    牡2 新馬 1:48.8 -0.4 -0.8 -0.3 -0.9 103   C B
7R T2400 ショパン    牡3 500万下 2:25.7 -1.1 -0.7 -0.6 -1.2 106   B B
8R T2000 タガノアシュラ    牡2 黄菊賞500 2:01.9 +0.5 -0.5 +1.0 -1.0 90   S C
10R T2000 ストロングタイタン    牡3 修学院H1600 1:58.6 -0.5 ± +0.5 -1.0 95   D C
11R T2200 クイーンズリング    牝4 エリザベG1 2:12.9 +1.5 -0.8 +1.8 -1.1 82   S C

2016-11-13 (日)  ダ=-1.1 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 メイショウギガース    牡2 未勝利 1:25.1 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C D
2R D1200 テイエムアニマンテ    牡2 未勝利 1:12.5 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C D
6R D1800 スルターナ    牝4 500万下・牝 1:51.7 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C C
9R D1800 サンライズアルブル    牡5 1000万下 1:51.3 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D C
12R D1400 イーデンホール    牡4 ドンカH1000 1:23.8 ±0 ± +0.6 -0.6 94   D C

         

■ワンポイントアドバイス
混沌とした東京芝の馬場傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。