Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/11/19 (土)
2016年5回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、この開催2週目まではマイナス1秒台かそれに近いレベルだったが、先週は水準レベルとなった。
 土曜は未明からの雨で稍重だった。2週目までよりも時計は掛かった。日曜は稍重から良馬場に変更されて、やや乾いて馬場差はマイナスゾーンに戻ったが、マイナス0秒1なのでほとんど変わらず。終日同じ数値。上位馬の脚質については土日を通じて偏りは見られなかった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜はマイナス1秒7からマイナス1秒4へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の有無によって馬場差が異なる。この開催に入って、3日目そして先週の土日はマイナス1秒を超え、脚抜きの良いコンディションとなった。
 雨の影響が残って土曜は終日重馬場で、馬場差はマイナス2秒1とかなりの高速馬場。日曜は重馬場でスタートして稍重へ変更されて、馬場差もマイナス1秒7からマイナス1秒4へといくらか水準方向に動いた。ただ、日曜にしても終日速い時計の出る馬場だった事に変わりは無い。このように土日を通じて高速馬場だったが、連対馬20頭中逃げ・先行馬は3頭だけ。ダートで脚抜きの良いコンディションになると緩みのないペースになって、案外前の馬が踏ん張りきれないというケースは珍しくない。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/19 (土)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 イリスファルコン    牝2 未勝利 1:09.5 -0.6 ± -0.6 ±0 106   B C
4R T1600 アドマイヤプリヴ    牡2 未勝利 1:35.6 ±0 ± ±0 ±0 100   C B
5R T1800 ウォータービルド    牡2 新馬 1:50.9 +1.7 -1.1 +0.6 ±0 94   D C
8R T2000 ロードヴァンドール    牡3 1000万下 2:00.2 +0.4 -0.6 -0.2 ±0 102   C C
10R T2200 スピリッツミノル    牡4 比叡S1600 2:13.5 +1.1 -0.6 +0.5 ±0 95   D C
11R T2000 レッドソロモン    牡4 アンドロH 1:59.1 +0.7 ± +0.7 ±0 93   D D
12R T1400 ニシノラッシュ    牡4 1000万下 1:22.2 +0.9 -0.6 +0.3 ±0 97   D C

2016-11-19 (土)  ダ=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 エールブリリアンツ    牡2 未勝利 1:52.2 -2.4 ± -0.3 -2.1 103   C D
3R D1400 アシャカリアン    牡2 未勝利 1:25.4 -0.6 ± +1.0 -1.6 90   E D
6R D1200 タテヤマ    牡2 新馬 1:11.8 -1.5 ± -0.1 -1.4 101   C C
7R D1800 フランドル    牡3 500万下 1:50.9 -1.7 ± +0.4 -2.1 96   D C
9R D1800 ブルベアバブーン    牡2 もちの木500 1:51.3 -2.3 ± -0.2 -2.1 102   C C

         

■ワンポイントアドバイス
新種牡馬ディープブリランテ産駒の傾向と対策
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。