Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/11/20 (日)
2016年3回福島6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス1秒8だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておく。開催初日はマイナス1秒0で速い時計の出るコンディションだったが、2日目は強風の影響、3日目以降は雨の影響で時計が掛かった。
 最終週の先週だけはBコースが使用されたが、朝から雨が降り続いてかなり時計の掛かる馬場になっていた。タイム差を見てもプラスの大きな数値となっており、走破タイムでレベルを判断できるレベルではなかった。よって設定不能。日曜は土曜と比べれば乾いて、それでも馬場差は終日プラス1秒8ですから、かなり時計の掛かるコンディションだった。連対馬の脚質に大きな偏りはないものの、開催最終日の日曜日になると外を回った差し馬の進出が目立ち、逃げ・先行の連対は1頭だけだった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒7へと変動、日曜はマイナス0秒3からプラス0秒2へと変動した。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておく。開催初日はプラスゾーンとは言え、水準に近いレベルだったが、2日目は強風の影響で時に1700mは時計が掛かった。3日目以降は雨の影響を受けたが、2週目と3週目では時計の出方が異なる。
 土曜は雨が降り続いて後になる程時計が出やすくなった。ただ、終盤にしても2週目ほどに脚抜きの良いコンディションではなかった。日曜は土曜とは逆に後になる程乾いて行って、11Rはプラスの馬場差になった。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行が不振という程ではないものの、中団・後方からの差しがよく決まっていた。1700mの特別戦、土曜10R・日曜11Rが典型例で、どちらも後方待機の馬が勝っている。小回りダートで水を含んだ馬場だと先行有利と考えられがちだが、そうではないケースも多いということ。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/20 (日)  芝=+1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
7R T2600 ファータグリーン    牝3 500万下 2:44.0 +3.3 -0.5 +0.5 +2.3 95   D D
9R T1200 フジノパンサー    牡3 500万下 1:10.4 +1.2 ± +0.1 +1.1 99   C C
10R T1800 スマートルビー    牝3 土湯温泉500 1:51.3 +3.4 -0.3 +1.5 +1.6 85   S C
12R T1200 スカイパッション    牝4 飯坂温泉500 1:10.6 +1.4 ± +0.3 +1.1 97   D D

2016-11-20 (日)  ダ=-0.3 → +0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 パレスハングリー    牝2 未勝利 1:48.3 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D D
2R D2400 エルゼロ    牡3 500万下 2:35.7 +1.0 ± +1.4 -0.4 86   E D
3R D1700 コートシャルマン    牝4 500万下・牝 1:47.2 +1.2 ± +1.5 -0.3 85   E D
6R D1700 エンクエントロス    牡4 500万下・若 1:46.8 +0.8 ± +0.8 ±0 92   D C
8R D1150 オーロラッシュ    牡4 500万下 1:08.7 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C D
11R D1700 トラキチシャチョウ    牡5 福島民友 1:44.6 +1.0 ± +0.8 +0.2 92   D C

         

■ワンポイントアドバイス
新種牡馬ディープブリランテ産駒の傾向と対策
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。