Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/11/26 (土)
2016年5回東京7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。この開催1週目はマイナス0秒5の馬場差で、いくらか速めの時計が出るレベルだった。しかしその後の2週は、水準レベルで推移し、先週は雨の影響が残ってプラスの数値になった。
 そもそもこの秋の東京芝は高速馬場ではなかった上、先週は連続開催の最終週という事。さらに、雨や雪の影響が残ってプラスゾーンの数値となった。ただ、大きく時計を要した訳ではない。先々週同様に、直線は内から2・3頭分避けて進路を取る馬が多く、あたかも真ん中からちょっと内にVロードがあったかの様だった。先ほどGI回顧でも解説したが、キタサンブラックの通ったコースがそう。ただ、土曜11Rのように、外差しもかなり決まってこの2つのパターンが多かった。良馬場で水準のタイムが出る馬場コンディションだが、上がりは少し掛かっていた。最後に脚質だが、偏りは少なかったと思う。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス0秒9だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、この開催1週目はマイナスゾーンとは言え、水準レベルだったが、3日目以降は良馬場の日がなく雨や雪の影響で速い時計の出るコンディションだった。
 土曜は雨の影響が残って終日重馬場で、速い時計の出るコンディションだった。日曜は稍重になって、土曜ほどの高速馬場ではなかったが、とは言っても、速めの時計が出るコンディションだった。土曜はとにかく先行有利。下級条件ではその傾向が顕著だったが、土曜10R以降から日曜は外差しも決まった。馬場が少しずつ回復に向かうにつれて、傾向の傾向があった点は注意が必要。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/11/26 (土)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 クインズラミントン    牡2 未勝利 1:36.7 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D C
3R T1800 ヴェルラヴニール    牡2 未勝利 1:49.4 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C D
5R T1600 バリングラ    牡2 新馬 1:36.5 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C C
7R T2400 サンタフェチーフ    牝4 500万下 2:28.5 +1.6 -0.6 +0.8 +0.2 92   D D
11R T1600 ブラックムーン    牡4 キャピタ 1:33.5 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C C
12R T1400 アッラサルーテ    牝3 1000万下・牝 1:23.2 +1.5 -0.6 +0.8 +0.1 92   S C

2016-11-26 (土)  ダ=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ドルフィンキック    牡2 未勝利 1:25.1 -1.3 ± +0.1 -1.4 99   C B
6R D1600 サンライズノヴァ    牡2 新馬 1:37.4 -2.7 ± -1.1 -1.6 111 A C
8R D1400 レッドゲルニカ    牡3 1000万下 1:23.1 -1.1 -0.1 +0.2 -1.3 98   C C
9R D1600 モンサンレガーメ    牡2 カトレア500 1:37.8 -1.1 ± +0.5 -1.6 95   D C
10R D1400 ワンミリオンス    牝3 銀嶺S1600 1:22.6 -0.9 ± +0.5 -1.4 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
今年の3歳馬は本当に強いのか!?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。