Victory Road

アダルト動画

2016/12/04 (日)
2016年5回中山2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。
 月曜と木曜日雨が降ったが、馬場は回復して土曜日・日曜日ともに終日良馬場発表だった。速い時計の出やすいコンディションではあるが、高速馬場というまでには至っていないのは、秋開催と同じ。違いがあるとすれば、野芝からオーバーシートに変わった事と、Bコース使用からAコース使用になった点。つまり、最内は春の3回中山1週目以来なので、グリーンベルトと思いがちだが、連対馬の脚質を見ると外からの追い込みがバンバン決まっていた。今開催もエアレーション作業が施されて、クッション性のある状態が定着したことが要因だと思う。なお、5回中山は有馬記念の行われる最終週が3日間開催で、トータル9日間で行われて、残る3週もAコースを使用。平均以上の流れでは、力のある差し・追い込み馬を中心に馬券を組み立てるべきかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜はマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒5だった。
 月曜と木曜に降った雨の影響から水分を含んだ状態だった。馬場発表が重の土曜は1800m・1200mともに速い時計の出るコンディションで、日曜は稍重に回復して土曜よりは少し掛かってはいるが、1800m・1200mともに水準よりも速かった。脚質は中山らしく、前に行った馬が強みを発揮したが、展開一つで差し・追い込みも届いていた。昨年の暮れの中山の良馬場時の馬場差は水準前後だった。雨が降らなければ、このくらいに収まってくると思われる。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/12/04 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ラッシュハート    牝2 未勝利 1:09.6 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D
4R T1800 サンティール    牝2 未勝利 1:49.5 -0.5 ± +0.3 -0.8 97   C C
6R T2000 ビートマッチ    牝2 新馬 2:05.9 +2.4 -1.5 +1.8 -0.9 82   S D
10R T1600 ミッキージョイ    牡4 市川S1600 1:34.0 +0.3 -0.2 +0.8 -0.7 92   D D
12R T2500 ハツガツオ    牝5 1000万下 2:36.3 +1.8 -0.9 +2.0 -1.1 80   S C

2016-12-04 (日)  ダ=-0.6 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アメイズミー    牡2 未勝利 1:12.3 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C D
2R D1800 デジャブ    牡2 未勝利 1:56.8 +0.7 ± +1.3 -0.6 87   E E
5R D1800 サーストンウィナー    牡2 新馬 1:58.5 +2.0 ± +2.6 -0.6 74   E D
7R D1200 キンシノクリーン    牡2 500万下 1:12.3 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D D
8R D1200 ブレイジングサン    牡3 500万下 1:11.8 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C
9R D1800 ケンベストカフェ    牡4 チバテレ1000 1:54.2 +1.0 ± +1.6 -0.6 84   E D
11R D1800 センチュリオン    牡4 北総SH1600 1:53.1 +0.7 -0.5 +0.8 -0.1 92   D D

         

■ワンポイントアドバイス
フランケル産駒の2頭
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。