Victory Road

アダルト動画

2016/12/04 (日)
2016年5回阪神2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜はマイナス0秒6からプラス0秒3へと変動した。
 阪神地域では先々週の日曜日の後、雨が降らなかった。芝は乾いて良馬場。ただ、馬場差は雨が降る前の日曜6Rまでがマイナス0秒6で、標準より速いが、高速決着からスタートした秋開催の開幕週とは異なる。野芝の開催からオーバーシートした開催への影響もあるんだと思う。日曜は9R前から雨が降り出した。後半へ進むにつれて雨脚が早くなって行った。馬場差は変動で、9Rでマイナス0秒5。11Rで水準、12Rではプラス0秒3。中山ほど差しがバンバン決まる馬場ではないが、阪神も外からの差しが結構決まっていた。馬場が悪化した日曜の後半2Rは池添騎手が連勝。共に内を突いての差しきりだったが、流れが遅かったという事もある。5回阪神とも中山と同じく9日間開催、ただ、阪神は3週目までがAコース、最終週の3日間はBコースになる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。
 秋の4回阪神で良馬場時の馬場差がマイナス1秒5からマイナス1秒1の範疇だった。先週も良馬場で、この範囲内でマイナス1秒2。標準よりもかなり速いコンディションだった。日曜後半の雨は、ダートに関しては10Rのみ。まだ雨量が少なくて、馬場差に変わりが無い。連対馬の脚質は様々で、偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/12/04 (日)  芝=-0.6 → +0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 アウステルリッツ    牡2 未勝利 1:48.4 -0.3 -0.4 -0.2 -0.5 102   C D
5R T1600 サロニカ    牝2 新馬 1:37.2 +1.1 -1.1 +0.5 -0.5 95   D C
6R T1400 エンゲルヘン    牝2 新馬・牝 1:23.0 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C C
9R T1800 サトノアーサー    牡2 シクラメ500 1:50.8 +2.9 -1.4 +2.0 -0.5 80 S C
11R T1400 サンライズメジャー    牡7 タンザナH 1:22.1 +1.6 -0.3 +1.3 ±0 87   S D
12R T1200 サザンライツ    牡5 1000万下 1:09.8 +0.9 ± +0.7 +0.2 93   D C

2016-12-04 (日)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウグジョウ    牡2 未勝利 1:13.3 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D D
2R D1800 ワイドコマンダー    牡2 未勝利 1:54.5 -0.5 ± +0.7 -1.2 93   D D
7R D1800 メイショウカシュウ    牡4 500万下 1:52.6 -0.5 ± +0.7 -1.2 93   D D
8R D1400 ブルミラコロ    牡4 1000万下 1:24.9 +0.7 ± +1.6 -0.9 84   E D
10R D1400 ビッグリバティ    牡7 妙見山S1600 1:23.3 -0.2 ± +0.7 -0.9 93   D D

         

■ワンポイントアドバイス
フランケル産駒の2頭
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。