Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/12/18 (日)
2016年5回中山6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、開催初日がマイナス1秒0でスタートし、徐々に時計が掛かってきているが、大きく時計を要してはいない。
 火曜に2ミリ、水曜には35ミリを超すまとまった雨が降ったが、土曜朝には回復して土日ともに良馬場発表。開幕週から少しずつ時計を要してはいても、速めの時計が出るコンディションが保たれている。ただし、脚質的な傾向は外からの差し・追い込みが決まりやすい状況に変わりはなくて、芝の11鞍中逃げ馬の連対はゼロ。差しか追い込み同士の決着が4鞍あった。3日間開催となる最終週の今週もAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜はプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週特に開催初日は速い時計の出るコンディションだったが、3日目以降は全てプラスの数値。
 火曜と水曜の雨で土日を通じて稍重だった。日曜は乾燥が進んだはずで、後半は良馬場に回復すると思えたが、表面はまだ黒ずんでいて、稍重のままだった。しかし、時計自体は土日ともに良馬場発表の先々週と替わりはなくて、1800m以上の中・長距離は水準よりも掛かっていた。1200mはほぼ水準で、水分の多い土曜は少し速め。脚質的には偏りはなくて、差しや追い込みが決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/12/18 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 サレンティーナ    牡2 未勝利 1:35.7 -0.4 ± +0.2 -0.6 98   C C
4R T2000 アンネリース    牝2 未勝利 2:01.9 -1.3 ± -0.6 -0.7 106 B C
6R T1600 コマノレジーナ    牝2 新馬・牝 1:37.7 +1.3 ± +1.9 -0.6 81   E C
10R T1200 トウカイセンス    牝5 南総SH1600 1:08.9 +0.5 ± +0.9 -0.4 91   E C
11R T2000 ツクバアズマオー    牡5 ディセン 2:00.9 +1.4 -0.4 +1.7 -0.7 83   S D
12R T1600 オートクレール    牝5 1000万下 1:34.6 +0.3 ± +0.9 -0.6 91   E D

2016-12-18 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ミスパイロ    牝2 未勝利 1:12.9 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C D
2R D1800 ヤマトワイルド    牡2 未勝利 1:58.1 +2.0 ± +1.7 +0.3 83   E D
5R D1200 サノラブ    牝2 新馬 1:13.3 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
7R D1800 マイティーゴールド    牡3 500万下 1:54.5 +0.5 ± +0.2 +0.3 98   C B
8R D1200 テンキセキ    牝3 500万下 1:11.9 ±0 ± ±0 ±0 100   C D
9R D1800 アサクサスターズ    牡5 香取特別1000 1:54.6 +1.4 ± +1.1 +0.3 89   E D

         

■ワンポイントアドバイス
新種牡馬の総括・後編
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。