Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/01/07 (土)
2017年1回京都2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は初日がマイナス0秒9、2日目がマイナス0秒8、3日目はマイナス0秒5でスタートし途中で設定不能となった。
 前年の11月の開催でBコース・Cコースを使用して、この開催はAコース使用。例年通り内有利で直線で外へ行くとかなり不利だった。日曜は雨が降り続いて、特に後半は激しく降ってかなり時計が掛かって8R以降の馬場差は設定不能とした。つまり日曜の馬場差マイナス0秒5というのは、1600mの5Rだけが対象だが、このマイナス0秒5というのはあくまで2000mに換算した場合の数値。いずれにしても設定不能となるような馬場で、競馬が行われた事で、内がどのぐらい傷んだのかというのが今週以降のポイントで今週の土曜は馬場の観察が重要だと思う。なお、この開催は全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は初日と2日目がマイナス0秒5、3日目はマイナス0秒5からマイナス0秒7へと変動した。
 初日と2日目は完全に乾いた良馬場だったが、馬場差はマイナスゾーンだった。表面は乾いていても、下の方は締まっているのではないかと推測する。日曜は小雨が降っていた3Rまでは、初日・2日目と同じ馬場差だったが、その後はマイナス方向に動いた。1800m換算の数値で6Rと7Rがマイナス0秒6。9Rがマイナス0秒7。芝が馬場差設定不能まで悪化したので、それに比べるとダート高速化が鈍いように感じるが、表面は乾いていたので、なかなか脚抜きが良いというレベルまでは達しなかったという事。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/01/07 (土)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ダノンオブザイヤー    牡3 未勝利 2:01.2 -0.9 ± -0.1 -0.8 101   C C
6R T1600 ワールドフォーラブ    牝3 新馬・牝 1:36.4 +0.6 -0.2 +1.0 -0.6 90   SL C
9R T2000 サトノリュウガ    牡3 福寿草特500 2:00.3 -0.9 ± -0.1 -0.8 101   C C
11R T1200 セイウンコウセイ    牡4 淀短距離 1:08.0 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D C
12R T1600 スペシャルギフト    セ6 1000万下 1:34.2 +0.3 -0.1 +0.8 -0.6 92   D C

2017-01-07 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アルムチャレンジ    牡3 未勝利 1:54.2 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D D
2R D1200 タマモコーラス    牝3 未勝利・牝 1:12.6 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C C
3R D1800 スペシャルホース    牡3 新馬 1:54.2 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D
4R D1400 ペプチドアルマ    牡5 500万下 1:23.8 -0.7 ± -0.3 -0.4 103   B C
7R D1900 ストライクイーグル    牡4 500万下 1:59.1 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C E
8R D1200 ゼンノサーベイヤー    牡4 1000万下 1:11.2 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
10R D1400 キタサンサジン    牡5 羅生門S1600 1:23.1 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
去年はどうだった?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。