Victory Road

アダルト動画

2017/01/14 (土)
2017年1回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒2だった。まずここまで8日間の馬場差を確認しておくと、年末の最終週は雨の影響でプラスの数値だったが、今年に入って全てマイナスの数値。たあ、先週は土日ともに水準レベルだった。
 この開催は全て良馬場で行われているが、3日目の後半は雨の中で行われた。先週はその3日目の後半よりも少し時計が掛かっていたが、3日目後半に雨の中でレースをして、馬場が傷んだ事も影響している。スローペースでなければ、外からの差しも効くというのは前半3日間と同じだった。今週は雨の影響を受けなければ、マイナスゾーンはキープしそうだが、3日目前半までのマイナス0秒7までは戻らないだろうと予測する。この開催は今週までで、引き続きCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を確認しておくと、1800mは今年最初の3日間特に初日は時計が掛かっていた。1200mは今年に入って水準前後で推移しているが、先週は3日目までよりも時計が出やすくなっていた。
 週の半ばは雨が降らなかったが、気温が低くてなおかつ木曜に凍結防止剤が散布されたので、なかなか乾かず土曜は稍重だった。そして1週前より速い時計が出ていた。日曜は午前中は稍重で午後は良だが、馬場差は変動ではなく、土曜より時計が掛かるようになった。それでも1週前よりは速い時計が出るコンディションだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/01/14 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 マイネルラプティス    牡3 未勝利 2:03.0 -0.1 ± ±0 -0.1 100   C C
6R T1600 スカルバン    牡3 新馬 1:37.4 +1.1 ± +1.2 -0.1 88   E C
9R T1600 スズカゼ    牝3 菜の花賞500 1:36.1 +0.8 ± +0.9 -0.1 91   E D
10R T1800 フェルメッツァ    牡6 初富士S1600 1:48.4 +1.2 ± +1.3 -0.1 87   E C
12R T1200 イオラニ    セ6 1000万下 1:09.3 +0.5 -0.1 +0.5 -0.1 95   D D

2017-01-14 (土)  ダ=+0.2 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 スビールアスール    牝3 未勝利 1:12.2 -0.8 ± -0.5 -0.3 105   B D
2R D1800 ウォルプタス    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C D
3R D1800 マイネルルミノーソ    牡3 未勝利 1:55.3 -0.6 ± -0.8 +0.2 108   B C
4R D1200 クーリュ    牝3 新馬・牝 1:12.7 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C C
7R D1800 コスモボアソルテ    牡5 500万下 1:55.1 +1.1 ± +0.9 +0.2 91   E C
8R D1200 クワドループル    牡5 1000万下 1:11.4 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D D
11R D1200 エイシンヴァラー    牡6 ジャニュ 1:10.6 +0.4 ± +0.7 -0.3 93   D C

         

■ワンポイントアドバイス
冬はデカい馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。