Victory Road

アダルト動画

2017/01/29 (日)
2017年1回東京2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。
 1年前の開催初日は前の影響を受けてプラスマイナスゼロだったが、今年は1週間以上雨が降らないで、速い時計の出るコンディションでスタートした。また、昨年秋の連続開催はマイナス1秒台になった事は1度もなかった。終盤は水準レベルで推移していた。それと比較すれば2ヶ月ほど間隔が開いて、時計が出やすくなっていたと言えるだろう。連対馬の脚質を見ると、中団・後方の差し馬が連対していないのは、土曜4Rと日曜9Rだけだった。この開催は全てDコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は、土日ともにプラス0秒2だった。
 ダートについては昨年秋の連続開催でプラスの馬場差になった事は1度もなかった。対して先週は土日共に水準に近いとは言え、プラスゾーンと冬の良馬場らしいコンディションと言える。連対馬の脚質に大きな偏りはないが、日曜は2100mの8Rを除けば、逃げ・先行馬の連対はなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/01/29 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 アルトリウス    牡3 未勝利 1:34.9 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C C
5R T1800 インシュラー    牡3 新馬 1:49.2 ±0 -0.4 +0.5 -0.9 95   D C
9R T1800 ダイワキャグニー    牡3 セントポ500 1:47.7 -0.4 -1.1 -0.6 -0.9 106   B C
10R T1600 グレーターロンドン    牡5 節分SH1600 1:33.6 ±0 -0.5 +0.3 -0.8 97   C C
12R T1800 スモークフリー    牡5 1000万下 1:48.3 +1.3 -0.8 +1.4 -0.9 86   SL D

2017-01-29 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1300 セイカチトセ    牡3 未勝利 1:20.2 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D C
2R D1400 オーサムクイーン    牝3 新馬 1:27.3 +0.9 ± +0.7 +0.2 93   D D
3R D1600 アルーフクライ    牡3 未勝利 1:39.3 -0.2 ± -0.4 +0.2 104   B C
6R D1400 スレッジハンマー    牡5 500万下 1:25.4 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   D D
7R D1600 ラセレシオン    牝5 500万下・牝 1:39.3 +1.3 -0.3 +0.8 +0.5 92   D D
8R D2100 マイネルトゥラン    牡4 1000万下 2:11.8 +0.5 ± +0.2 +0.3 98   C C
11R D1400 カフジテイク    牡5 根岸SG3 1:23.0 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝で前に行った馬を次に狙おう
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。