Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/01/29 (日)
2017年1回中京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週はプラスの数値だったが、2週目は水準。そして先週はマイナスの数値になった。
 1週目は主に雪の影響で時計が掛かった。2週目・3週目は同じBコース、良馬場ながら3週目の方が少しではあるが、時計が出やすくなった。こうして比べると良馬場発表とは言え、2週目は開幕週の道悪の影響がいくらか残っていたのかもしれない。なお、日曜終盤に雨が降ったが、馬場差は1日を通した数値。連対馬の脚質については1400m以下のレース全てで中団・後方の馬が連対している。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は水準レベルだったが3日目以降はほとんど動きはなかった。
 ダートは3日目以降やや時計が掛かるレベルで安定していた。連対馬の脚質については、偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/01/29 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
7R T2000 デュパルクカズマ    牡3 未勝利 2:03.0 +0.6 -0.8 +0.1 -0.3 99   C D
9R T1200 スパイチャクラ    牝4 500万下 1:08.4 -0.7 ± -0.5 -0.2 105   B D
10R T2200 ララエクラテール    牡5 金山特別500 2:14.1 +0.3 -0.8 -0.2 -0.3 102   C D
11R T1200 フィドゥーシア    牝5 長篠S1600 1:08.3 ±0 -0.2 ±0 -0.2 100   C D

2017-01-29 (日)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウブレナム    牡3 未勝利 1:13.7 +0.2 ± -0.1 +0.3 101   C D
2R D1800 ナンヨープルートー    牡3 未勝利・若 1:54.5 -0.7 ± -1.1 +0.4 111 A E
3R D1200 ホイールバーニング    牡4 500万下 1:12.9 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D
6R D1800 クラウンロマン    牝4 500万下・牝 1:54.8 +1.2 ± +0.8 +0.4 92   D D
8R D1900 トミケンシェルフ    牡5 500万下 2:00.8 +0.3 ± -0.1 +0.4 101   C D
12R D1400 ラインシュナイダー    牡5 伊良湖特1000 1:24.8 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝で前に行った馬を次に狙おう
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。