Victory Road

アダルト動画

2017/01/29 (日)
2017年2回京都2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。連続開催なので、さかのぼって9日間の馬場差を確認しておく。1回開催序盤は速めの時計が出るコンディションだったが、雨や雪の影響により、4日目以降は全てプラスの数値で時計が掛かっていた。
 1回開催後半のように雨や雪の影響がなく、乾いた良馬場であった事とそして先週からBコースに替わった事で時計は出やすくなった。とは言え、高速馬場というレベルではない。なお、日曜終盤に雨が降ったが馬場差は1日を通した数値。この開催は全てBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが週によって時計の出方は異なり、1回開催最終週は水準に近い数値だった。
 前開催最終週、つまり先々週よりも先週の方が時計は出やすかった。先々週は重か稍重と、先週は土日を通じて良馬場なので、先週の方が時計は掛かっているように思われるが、実際にはそうではなかった。連対馬については、土曜は明らかに前へ行った馬が目立ったが、日曜は土曜のような事は無かった。先週の京都ダート戦は15鞍全て勝ち馬は1番人気から3番人気、2着馬にしても2番人気から7番人気。つまり土日で馬場に変化があったために、脚質傾向も変わったというのではなく、それぞれのクラスで実績上位の馬が順当に上位へ来るレースが多かったという事ではないだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/01/29 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 テリトーリアル    牡3 未勝利 1:34.8 -0.7 ± -0.3 -0.4 103   C D
6R T1400 ミラアイトーン    牡3 500万下 1:22.3 +0.1 -0.3 +0.2 -0.4 98   C D
10R T2400 ジュンヴァルカン    牡4 松籟SH1600 2:25.9 +0.5 -0.8 +0.3 -0.6 97   C C
11R T1200 ダンスディレクター    牡7 シルクロHG3 1:07.8 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C C

2017-01-29 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 クールデザイン    牝3 未勝利・牝 1:54.9 +0.6 -0.5 +0.8 -0.2 92   D E
2R D1200 スズカコーズライン    牡3 未勝利 1:12.5 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C C
3R D1800 ボナパルト    牡3 未勝利 1:53.7 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C C
4R D1200 テンモース    牝3 新馬 1:12.5 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C C
7R D1800 オウケンワールド    牡5 500万下 1:53.3 +0.7 ± +1.4 -0.7 86   E D
8R D1400 マイグランクロア    牝4 500万下・牝 1:25.8 +1.3 ± +1.8 -0.5 82   E D
9R D1800 マインシャッツ    牡4 大津特別1000 1:52.9 +1.1 -0.6 +1.2 -0.1 88   SL C
12R D1200 キャプテンシップ    牡5 1000万下 1:11.2 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝で前に行った馬を次に狙おう
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。