Victory Road

アダルト動画

2017/02/04 (土)
2017年1回東京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。まずはここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒0。
 開幕週から先週日曜までは雨が降らず、コンディションは変わらなかった。馬場差は全く同じで安定している。なお、日曜終盤に雨が降ったが、馬場差は終日同じ。連対馬の脚質については、中団・後方にいた差し・追い込みが優勢。逃げ・先行馬が連対した4鞍は全てペース補正が入っているように、緩やかなペースだったという事。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目までプラス0秒2。4日目はプラス0秒3でほとんど変わりは無い。
 乾いた馬場でプラスの数値が続いている。ただ、時計が掛かるという程でもない。連対馬を見ると好位・中団が多く、逃げて粘った馬は1頭もいなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/02/04 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 モアナ    牝3 未勝利 1:22.1 -1.1 ± -0.4 -0.7 104 B D
6R T1800 ピサノベルベット    牝3 新馬 1:49.6 +0.4 -0.9 +0.4 -0.9 96   D C
9R T2400 ダノンキングダム    牡3 ゆりかも500 2:26.1 -1.5 -0.5 -0.8 -1.2 108   B C
10R T2400 サトノエトワール    牡4 箱根特H1000 2:25.4 -0.8 -0.6 -0.2 -1.2 102   C C
11R T1800 フロンテアクイーン    牝4 初音S1600 1:46.7 +0.4 -0.7 +0.6 -0.9 94   D C

2017-02-04 (土)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ジョワイユ    牝3 未勝利・牝 1:26.8 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D D
2R D1400 オリエント    牡3 新馬 1:26.9 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   D D
3R D1600 ロージズバード    牡3 未勝利 1:39.9 +0.4 ± +0.2 +0.2 98   C C
7R D1400 キャプテンキング    牡3 500万下 1:24.9 -0.5 ± -0.7 +0.2 107   B C
8R D1600 ベバスカーン    牡4 500万下 1:37.7 -0.3 ± -0.5 +0.2 105   B C
12R D1600 トーセンラムセス    牡5 1000万下 1:37.7 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C C

         

■ワンポイントアドバイス
顕著に前有利
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。