Victory Road

アダルト動画

2017/02/18 (土)
2017年1回東京7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前半4日間は全てマイナス1秒0。後半はいくらか水準方向へ動いて時計が掛かっていったが、大きな動きではなかった。
 同じDコース使用での最終週とあって、流石にこの開催では最も時計が掛かってはいたが、大きな違いは無い。安定していた。連対馬の脚質についても好位・中団が優勢で外を伸びてきた馬が多い。逃げて連対したのは土日それぞれ1頭だけと。この辺りは3週目と似ていた。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、プラスマイナスゼロからプラス0秒3の間で推移しており、ほとんど変わらなかった。
 馬場差は水準かやや時計が掛かるレベルで安定していた。連対馬の脚質については、3週目よりも差し馬の上位進出が目についたが、メンバーや展開によるところもあるんじゃないだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/02/18 (土)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ドリームマジック    牝3 未勝利 1:49.3 +0.4 -0.9 ±0 -0.5 100   C C
7R T1800 コパノマリーン    牝4 500万下 1:47.9 +0.2 -0.6 +0.1 -0.5 99   C D
9R T2000 トリコロールブルー    牡3 フリージ500 2:01.8 +0.5 -0.8 +0.3 -0.6 97   C C
11R T3400 アルバート    牡6 ダイヤモHG3 3:35.2 +5.1 -1.5 +4.6 -1.0 54   SL D
12R T1400 ラベンダーヴァレイ    牝4 1000万下 1:22.1 +0.4 -0.2 +0.6 -0.4 94   D D

2017-02-18 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1300 コロニアルスタイル    牝3 未勝利・牝 1:20.3 +0.8 ± +0.8 ±0 92   E C
2R D1400 サーヒューストン    牡3 新馬 1:27.9 +1.5 ± +1.5 ±0 85   E D
3R D1600 サンチェサピーク    牡3 未勝利 1:38.7 -0.8 ± -0.8 ±0 108 B B
6R D1400 メイスンスパート    牡4 500万下 1:25.8 +0.9 ± +0.9 ±0 91   E C
8R D2400 カフェブリッツ    牡4 1000万下 2:32.5 +0.2 -0.7 -0.5 +0.7 105   B D
10R D2100 マイネルトゥラン    牡4 金蹄S1600 2:12.1 +1.7 -0.8 +0.9 +0.8 91   D D

         

■ワンポイントアドバイス
1回中京2・3週目の芝1600m以下で前に行った馬の次走を狙う、の総括
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。