Victory Road

アダルト動画

2017/02/18 (土)
2017年2回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒5、日曜がプラス1秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと2回開催開幕週こそ、やや速めの時計が出るレベルだったが、4日目以降はプラス1秒を超え、かなり時計の掛かるコンディションだった。
 そもそも連続開催の終盤の上、先週も雨の影響が残り、時計が掛かっていた。土日の比較では、日曜の方が少し乾いたがそれでもプラス1秒3。連対馬の脚質については、特に土曜は差し馬が優勢だった。また、土日ともに逃げ馬の連対は1頭ずつで、先行馬はゼロと。逃げ馬の連対にしてもスローペースで逃げたケースだった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜はマイナス0秒4からマイナス0秒1へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値ではあるが、週によって時計の出方が異なる。3日目以降終日良馬場だった日は1日もなく。雨や雪の影響を受けた訳だが、かなり脚抜きの良いコンディションだった日もあれば、そうでない日もあった。
 先週土曜は稍重ではあるものの、高速馬場という程ではなかった。さらに日曜は乾いて水準方向へ動き、1日の中でも終盤の方が時計は掛かっていた。連対馬の脚質については、先行有利という程ではないもの前めに位置した馬が優勢。追い込み馬同士で決着した日曜12Rについては、前崩れの展開だった事が大きい。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/02/18 (土)  芝=+1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 アドマイヤロブソン    牡3 未勝利 1:49.6 +0.9 -0.7 -1.2 +1.4 112 A C
6R T1400 ベルカプリ    牝3 500万下・牝 1:23.6 +1.4 -0.2 +0.1 +1.1 99   C D
8R T1600 ディープエクシード    牡4 500万下 1:36.2 +1.7 ± +0.5 +1.2 95   D D
9R T1400 ワントゥワン    牝4 宇治川特1000 1:22.8 +1.5 -0.3 +0.1 +1.1 99   C B
11R T1400 レッツゴードンキ    牝5 京都牝馬G3 1:22.5 +2.2 -0.2 +0.9 +1.1 91   SL C

2017-02-18 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ウラガーノ    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D
2R D1800 カフジグローリー    牡3 未勝利 1:53.6 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C D
3R D1400 ハクサンベル    牡3 未勝利 1:25.9 ±0 ± +0.5 -0.5 95   D C
4R D1800 アスターゴールド    牡3 新馬 1:54.5 -0.1 ± +0.5 -0.6 95   D C
7R D1800 ロバストミノル    牡4 500万下 1:53.0 +0.4 ± +1.0 -0.6 90   E D
10R D1200 ゴルゴバローズ    牡4 橿原SH1600 1:10.8 +0.1 ± +0.5 -0.4 95   D C
12R D1800 マッシヴランナー    牡5 1000万下 1:51.7 -0.1 ± +0.5 -0.6 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
1回中京2・3週目の芝1600m以下で前に行った馬の次走を狙う、の総括
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。