Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/03/05 (日)
2017年1回小倉8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。さかのぼって開催8日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス0秒2、2週目がプラスマイナスゼロ。そして後半2週がプラス0秒2で大きな動きはなく、水準レベルで推移していた。
 開催を通して水準前後のコンディションを保っていた。コース替わりの先々週は速くなると見られたが、逆に水準より少し掛かったのは雨の影響から。先週は中間の雨の雨量が少なくて最終週のBコース2週目で少し傷みが進んではいるが、乾いた分と相殺すると先々週と同じ馬場差に止まっていた。日曜は内が荒れてきたようで、レースによっては内を避けて通るケースも見られたが、それでも最終週まで極端な外伸びまでには至っていない。ただ、土曜日は5Rが外・内・外。8Rと9Rが外・中・外の決着だったように、若干外優勢だった事は確か。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、重馬場だった開催日はマイナス0秒5かマイナス0秒4。他の良馬場か稍重の開催日は水準レベルで大きな動きはなかった。
 雨量の多かった先々週は水準寄りもいくらか速めだったが、先週は雨が少なかった事で水準レベル。日曜の方が乾いて少し掛かっていた。脚質的には差し馬も届いていて、偏りはない。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/03/05 (日)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 トーホウビスカヤ    牝3 未勝利・牝 1:09.4 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C D
4R T1800 グランドボヌール    牡3 未勝利 1:48.7 +0.4 ± +0.2 +0.2 98   C D
5R T1200 キットダイジョウブ    牝3 未勝利 1:09.5 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D
7R T1800 フェイブルネージュ    牝6 500万下・牝 1:49.0 +1.9 -0.6 +1.1 +0.2 89   SL D
8R T1200 トゥルームーン    牝5 500万下 1:08.7 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D
10R T1200 ショウナンマッシブ    牡3 萌黄賞500 1:08.7 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
11R T1800 エーティーサンダー    牡4 太宰府H1000 1:47.4 +1.0 ± +0.8 +0.2 92   D D
12R T2000 レッドアルティスタ    セ5 唐戸特別500 2:00.6 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D D

2017-03-05 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 プエルタデルソル    牡3 未勝利 1:47.0 +0.2 ± +0.1 +0.1 99   C D
2R D1000 アポロリュウセイ    牡4 500万下 0:58.9 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
6R D2400 キールコネクション    牡5 500万下 2:35.3 +1.3 ± +1.2 +0.1 88   E E
9R D1700 メイショウサルーテ    牝6 500万下・牝 1:47.1 +1.9 ± +1.8 +0.1 82   E D

         

■ワンポイントアドバイス
小倉・芝1200mで内枠に泣いた馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。