Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/03/12 (日)
2017年2回中山6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響が最も残っていた3日目を除けば大きな動きはない。週単位で見れば、少しずつ掛かっている事になる。
 月曜と火曜に合計4ミリの雨が降ったが、週初めだった事から乾きが進んで土日ともに良馬場発表。馬場差は水準より速いが、開幕週と比較すれば掛かってきている。内周りの3・4コーナーを中心に馬場の内側が少し荒れて来た事も要因かもしれない。脚質は土曜が差し・追い込みの台頭が目立っていたのに対し、日曜は5鞍中3鞍で逃げ馬が2着に粘っていた。これは流れの遅いレースが多かったため。なお、春の中山は連続開催で3回中山1週目までが引き続きAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒3。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、1800mは水準レベルかあるいは少し掛かるレベル。一方1200mは水準レベルかあるいは少し速めのレベルで大きな動きはない。
 週初めの雨は乾いて、砂は土日ともに乾燥気味だった。中・長距離の馬場差は先々週までの4日間で唯一完全な良馬場だった2日目に近いプラス0秒3。1200mは水準寄りでも少し速くて、先々週の日曜と同じ数値だった。先々週までと比べると前が残るケースが多かったが、これは1800mの3歳未勝利戦などで持ち時計のある有力馬が多く出走して、全体のランクが上がっていた事も要因として挙げられる。基本的には差し・追い込みも決まるコンディションだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/03/12 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 ヒラボクビューン    牡3 未勝利 2:16.1 +0.1 -0.6 -0.2 -0.3 102   C D
6R T2000 リカビトス    牝3 500万下 2:02.0 ±0 -0.3 ±0 -0.3 100   C C
9R T1200 シゲルノコギリザメ    牡4 房総特別1000 1:09.1 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D C
10R T1600 グレーターロンドン    牡5 東風S 1:36.7 +3.4 -0.9 +2.7 -0.2 73   SL D
11R T1800 トーセンビクトリー    牝5 中山牝馬HG3 1:49.4 +2.9 -0.7 +2.5 -0.3 75   SL C

2017-03-12 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ポップシンガー    牝3 未勝利・牝 1:12.9 ±0 ± +0.2 -0.2 98   C D
2R D1800 トラネコ    牡3 未勝利 1:55.6 -0.1 ± -0.4 +0.3 104   B D
3R D1200 タイセイマルス    牡3 未勝利 1:13.6 +0.7 ± +0.9 -0.2 91   E E
4R D1800 アンティノウス    牡3 未勝利 1:55.9 +0.2 ± -0.1 +0.3 101 C D
7R D1200 ウエスタンボルト    セ4 500万下 1:12.2 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D E
8R D1800 アンプラグド    セ6 500万下 1:54.9 +0.9 ± +0.6 +0.3 94   D D
12R D1200 チェリーサマー    牡5 1000万下 1:12.6 +1.3 ± +1.5 -0.2 85   E D

         

■ワンポイントアドバイス
アドマイヤミヤビとファンディーナ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。