Victory Road

アダルト動画

2017/03/19 (土)
2017年2回中山7日目

■馬場コメント
 最終週は変則開催となって、中山は日曜・月曜の開催だった。芝の馬場差2000m対象の数値は日曜・月曜ともにマイナス0秒4だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。この開催の中では最も雨の影響が強く残った3日目を除くとマイナス0秒6からマイナス0秒3の間で推移しており、大きな動きはない。
 月曜から水曜にかけて合計9.5ミリの雨が降った。ただし、木曜以降は好天で週末から月曜にかけては気温が上昇。馬場差は水準寄り速く、同じ良馬場発表の先々週と比較しても日曜・月曜ともに若干ではあるが、速まっていた。内は全体的に荒れて来ているが、内・外の隔たりは見られず、脚質的な偏りはなかった。なお、中山は連続開催で今週までAコース。来週以降の3週間はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は日曜がプラス0秒3、月曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は日曜がマイナス0秒3、月曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは基本的にはやや時計の掛かるレベルで、特に後半2週はプラス0秒3かプラス0秒4で安定していた。そして1200mは3日目以降はマイナス0秒3かマイナス0秒2で水準に近いマイナスの数値で安定していた。
 週初めから週中の雨が乾いて、日曜・月曜ともに良馬場発表。日曜1800mの馬場差は先々週と同様で、水準寄りも時計を要しているが、月曜の中・長距離はさらに乾燥が進んでさらに0秒1掛かっていた。1200mは開催2週目以降とほぼ同じ。水準寄り少し速いコンディション。脚質は先々週までとは少し異なっていて、前に行った組が優勢だった。展開にもよるが、ランクは別として前の組に強い馬が存在したレースが多かった事が要因だと考えている。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/03/19 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 グローリーハンター    牡3 未勝利 2:02.3 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C D
6R T1600 ポールヴァンドル    牝3 500万下 1:36.1 +0.9 ± +1.2 -0.3 88   E D
9R T1600 キャンベルジュニア    牡5 幕張S1600 1:33.3 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C C
11R T1800 ウインブライト    牡3 スプリンG2 1:48.4 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D C
12R T2000 ロッカフラベイビー    牝5 1000万下・牝 2:01.5 +0.6 -0.2 +0.8 -0.4 92   D D

2017-03-19 (土)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 セラファン    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +0.8 ± +0.5 +0.3 95   D E
2R D1200 ブランメジェール    牝3 未勝利 1:12.2 -0.7 ± -0.4 -0.3 104   B D
3R D1800 スペルマロン    牡3 未勝利 1:56.8 +1.1 ± +0.8 +0.3 92   D D
4R D1800 ナスノカンザン    牡3 新馬 1:58.3 +2.2 ± +1.9 +0.3 81   E D
7R D1800 アオイオンリーワン    牡5 500万下 1:54.4 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D
8R D1200 エビスリアン    牡4 500万下 1:11.8 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
10R D1200 ナンチンノン    牡6 千葉SH 1:09.9 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
ドバイ国際競走の日本馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。