Victory Road

DMM.make DISPLAY

2017/03/26 (日)
2017年2回中京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜はプラス0秒6からプラス1秒0へと変動した。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、5日目まではマイナスゾーンで速めの時計が出るコンディションだったが、6日目は雨の影響で時計が掛かった。
 先週火曜日に34ミリの降雨があり、土曜の時点でもまだ水分を含んでいたが、Bコースに移った効果の方が大きくて、馬場差は1週前よりマイナス方向に動いた。日曜はほぼ1日雨で、中京芝は昨年辺りから他のコースと時計の出方が変わらなくなって、そのため今年から基準タイムを速めたが、開催日に雨が降ると時計の出方への影響が大きいという傾向は以前と変わっていない。日曜の雨は小雨で、馬場発表は稍重だったが4Rの時点既に馬場差はプラス0秒6。11Rはプラス1秒0となっていた。また、日曜は途中から内を空けるようになっていたが、11Rの頃には内も外も同じになっていた模様。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜はマイナス0秒4からマイナス0秒7へと変動した。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、5日目まではほとんど変わらず、マイナスゾーンとは言え水準レベルだったが、最終日は雨の影響で時計が出やすくなった。
 火曜日に降った雨の影響が残って土曜の前半は稍重。そして土曜の6R以降は良だが、あまりコンディションは変わっておらず馬場差は一定。1週前より少しマイナス方向に動いたが、1週前とほぼ同じと考えて差し支えはない。日曜はほぼ1日中雨で、馬場差は変動だが、雨量は多くなかったので、変動幅は大きくなかった。具体的には1Rから3Rまでは一定で、1800m換算の数値でマイナス0秒4。6Rがマイナス0秒5、8Rがマイナス0秒6、12Rがマイナス0秒7だった。日曜は4連続で逃げ切り勝ちで、その次も4コーナー先頭の馬が勝ったが、この逃げ切った4つのレースもその内2回は2着が追い込みに近い差し馬で、どうにも前が止まらない馬場という程ではなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/03/26 (日)  芝=+0.6 → +1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 シュピールカルテ    牝3 未勝利 1:23.1 +0.7 ± +0.3 +0.4 97   D D
5R T2000 メルヴィンカズマ    牡3 未勝利 2:03.4 +1.2 ± +0.6 +0.6 94   D D
7R T2000 アオイプリンセス    牝4 500万下・牝 2:03.0 +2.0 ± +1.3 +0.7 87   E C
9R T1600 イレイション    牡5 刈谷特別500 1:35.2 +0.4 -0.5 -0.7 +0.6 107   B D
10R T2200 パフォーマプロミス    牡5 熊野特別1000 2:15.9 +2.8 -0.4 +1.4 +1.0 86 SL C
11R T1200 セイウンコウセイ    牡4 高松宮記G1 1:08.7 +1.0 ± +0.4 +0.6 96   D C

2017-03-26 (日)  ダ=-0.4 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アルゴロオジエ    牝3 未勝利・牝 1:56.3 +1.3 -0.4 +1.3 ±0 87   E D
2R D1400 ルア    牝3 未勝利 1:26.8 +0.5 ± +0.8 -0.3 92   E D
3R D1900 サトノフレイム    牡3 未勝利 2:01.5 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C E
6R D1400 ピースマーク    牡6 500万下 1:24.2 -0.9 ± -0.5 -0.4 105   B D
8R D1800 レッドオルバース    牡5 500万下 1:53.4 -0.2 ± +0.4 -0.6 96   D D
12R D1400 フレンドスイート    牝6 鈴鹿特別1000 1:24.6 +0.2 ± +0.7 -0.5 93   D C

         

■ワンポイントアドバイス
晩成血統エンパイアメーカー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。