Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/04/02 (日)
2017年2回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催5日目から今開催2日目まではマイナス0秒6かマイナス0秒5で安定していたが、それに比べると先週特に土曜は雨の影響で時計が掛かった。
 雨の影響で土曜は稍重で、今年の阪神芝では初めてプラスの馬場差になったが、馬場が乾いた日曜はマイナスゾーンに戻った。Bコース初日だった土曜は、3R・4Rと内が有利というレース結果になって、5R以降は直線で内側に馬が密集するようになった。しかし日曜は稍重の土曜日に内が酷使された影響なのか、極端に内が有利という程ではなかった。土曜と日曜の馬場差は0秒4の違いに止まるが、どこを通ると有利なのかという点には変化があった。なお、この開催は最後までBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒4からマイナス1秒8へと変動、日曜はマイナス1秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を見ておくと、全てマイナスの数値。中でも先週は雨の影響が残って脚抜きが良く、特に土曜はかなり速い時計の出るコンディションだった。
 土曜は2Rまでが重で、その後は稍重。乾くスピードはそんなに速くなかったものの、馬場差は変動で、2Rまでは1800m換算の数値でマイナス2秒4。その後は徐々に水準方向に動いて、11Rと12Rはマイナス1秒8だった。変動ではあるが、1日を通して超高速馬場だったという事。日曜も稍重のままだったが、土曜の後半よりは乾いており、馬場差は1日を通してマイナス1秒1。依然として高速馬場だった。土曜の前半が前残りばかりで、そういう馬場なのかと思わされたが、土曜の後半は差しが決まった。馬場が大きく変化したというより、下級条件では前残りが頻発して、高額条件では差しが決まったという事だと思う。土曜に比べれば高速馬場ではなかった日曜の方が、むしろ前残り傾向は強く、高速馬場になるほど前残りという図式は成立していない。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/04/02 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 インビジブルレイズ    牡3 未勝利 1:34.9 -0.7 ± -0.5 -0.2 105   B D
7R T2000 マイネルネーベル    牡5 1000万下 2:02.8 +2.6 -0.9 +2.0 -0.3 80   SL D
9R T2400 アルター    セ5 御堂筋H1600 2:28.0 +2.3 -1.3 +1.4 -0.4 86   SL C
10R T1400 オールザゴー    牡3 マーガレ 1:22.3 +0.7 -0.2 +0.7 -0.2 93   D D
11R T2000 キタサンブラック    牡5 大阪杯G1 1:58.9 +0.4 ± +0.7 -0.3 93   D B

2017-04-02 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ワンダープラヤアン    牡3 未勝利 1:25.2 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C D
2R D1800 ララメダイユドール    牡3 未勝利 1:54.2 -0.4 ± +0.7 -1.1 93   D C
4R D1200 サザンボルケーノ    牡3 500万下 1:12.0 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C C
5R D1800 ショウナンマシェリ    牝4 500万下・牝 1:53.2 +0.1 ± +1.2 -1.1 88   E E
6R D1800 ワンダーアビルマン    牡4 500万下 1:52.5 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D D
8R D1200 サイタスリーレッド    牡4 1000万下 1:10.2 -1.5 ± -0.8 -0.7 108 A C
12R D1400 プレスティージオ    牡4 鳴門S1600 1:23.1 -0.4 ± +0.5 -0.9 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
高速ダートのスウェプトオーヴァーボード
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。