Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/04/08 (土)
2017年3回中山5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒2、日曜はプラス2秒3からプラス2秒7へと変動した。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響度合いによって時計の出方が異なっている。先週は特に日曜の時計が掛かった。
 木曜の夜から金曜の昼まで雨が降って、さらに土曜は未明から昼まで雨。さらに日曜日は朝から夕方まで雨だった。土曜は稍重だが、1週前の稍重とは違ってかなり重に近く、馬場差はプラス1秒を超えた。そして日曜だが、これは2014年の中山の馬場改修以降初めての重だった。馬場差はプラス2秒を超えた。馬場適性の差が結果に大きく影響するというレベルの道悪で、馬場のダメージも結構残ったと思う。この開催は残り1週で、引き続きBコース使用だが、仮に良馬場でも多少時計の掛かる馬場になりそう。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒4、日曜がマイナス2秒0。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、1800mはこの開催2日目まではプラスの数値だったが、3日目以降はマイナスゾーンで、特に先週は土日ともにマイナス2秒台だった。1200mは全てマイナスの数値だが、3日目そして先週はマイナス1秒台で速い時計の出るレベルだった。
 先週は木曜の夜から金曜の昼までが雨。さらに土曜は未明から昼間で雨。さらに日曜は朝から夕方まで雨だった。という事で土日とも不良馬場で、なおかつ日曜の方が含水率は高いはずだが、土曜の時点で含水率が極限まで行っていたため、日曜日は水が浮いて土曜より走りにくい馬場になっていた。そのため、このような馬場差になっている。全体を見ると前残りの決着が多いものの、ダートの15鞍中8鞍が3歳未勝利戦だった。この3歳未勝利戦は大半が前残りの決着になっているが、その他のレースは実は単調な前残りは少なかった。これはどういう事かと言うと、ダートの3歳未勝利戦が中山だけでも多く組まれた上に福島も開幕してメンバーが分散して、ダートの3歳未勝利戦は勝負圏内の馬がどのレースも少なく、その数少ない圏内の馬が安全な先行策を取ったため、結果的に前残りが多くなったという事だと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/04/08 (土)  芝=+1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ヘリファルテ    牡3 未勝利 2:04.3 +1.4 ± +0.2 +1.2 98 C C
9R T1800 トウカイシェーン    牝4 野島崎特1000 1:49.1 +1.2 ± +0.1 +1.1 99   C D
10R T2200 ウムブルフ    牡4 湾岸S1600 2:14.5 +1.3 ± ±0 +1.3 100   C C
11R T1600 ジョーストリクトリ    牡3 ニュージG2 1:36.0 +1.5 ± +0.5 +1.0 95   D C

2017-04-08 (土)  ダ=-2.4 / 1200m=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウルミナス    牝3 未勝利・牝 1:11.1 -1.8 ± ±0 -1.8 100   C D
2R D1800 リヴァイアサン    牡3 未勝利 1:54.0 -1.7 ± +0.7 -2.4 93   D D
3R D1200 アシャカセルクル    牡3 未勝利 1:10.7 -2.2 ± -0.4 -1.8 104   B D
4R D1800 グレイスニコ    牝3 未勝利・牝 1:54.1 -1.6 ± +0.8 -2.4 92   D D
6R D1800 ニーマルサンデー    牡3 未勝利 1:52.0 -3.7 ± -1.3 -2.4 113 A D
7R D1200 アシャカダイキ    牝3 500万下 1:10.5 -1.7 ± +0.1 -1.8 99   C D
8R D1800 ヴァッハウ    牡5 500万下 1:51.5 -2.5 ± -0.1 -2.4 101   C D
12R D1200 ウインバローラス    牡5 500万下 1:10.9 -1.0 ± +0.8 -1.8 92   E D

         

■ワンポイントアドバイス
ダイワメジャー産駒のコース別成績
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。