Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2017/05/06 (土)
2017年2回東京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた2日目以外は全てマイナス1秒台。特に3日目以降は全てマイナス1秒3。
 同じAコース使用なので、徐々に掛かってきてもおかしくはないが、時計の出方は変わらないという辺りはエアレーション作業を施した影響もあると思われる。速い時計の出るコンディションが続いている。脚質的には先々週と同様好位・中団からの差し馬が頑張っていたが、展開によっては後方からの差し馬も届くようになって来た。あと、逃げ・先行タイプは振るわなかったのも先々週と同じ。土日を通して5頭が連対しただけだった。なお、今週からの2週はBコース、ダービーウィークの最終週はCコースが使用される。
ダート
 先週の芝の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておく。開催初日はマイナス0秒5でやや速めの時計が出るレベル。2日目は雨の影響で一気に高速化したが、3日目以降は良馬場が続き、水準レベルで安定している。
 開催2週目に続いて水準レベルだった。しかも土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロという点も2週目と同じで、日曜の方がやや乾いて、土曜よりも少し時計が掛かっていた。ここ2週話した通り、馬場が乾くと差しが届いている。土日を通して逃げ馬の連対はわずか2頭という状況だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/05/06 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ロジブリランテ    牡3 未勝利 1:34.1 -1.6 ± -0.6 -1.0 106   B D
5R T1800 ニシノアモーレ    牝3 500万下・牝 1:47.9 ±0 -0.6 +0.6 -1.2 94   D D
8R T1400 ヒルノマゼラン    牡4 1000万下 1:21.5 -0.2 -0.3 +0.4 -0.9 96   D D
10R T2400 ヴォルシェーブ    牡6 メトロポ 2:24.1 -0.9 ± +0.7 -1.6 93 D D
11R T2000 ダイワキャグニー    牡3 プリンシ 1:58.3 -1.6 ± -0.3 -1.3 103   C D

2017-05-06 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ゴールデンターキン    牝3 未勝利・牝 1:39.2 ±0 ± +0.2 -0.2 98   C D
2R D1300 メリークン    牡3 未勝利 1:18.9 -0.4 ± -0.2 -0.2 102   C D
3R D1600 トミケンボハテル    牡3 未勝利 1:38.8 -0.4 ± -0.2 -0.2 102   C D
6R D2100 ノワールギャルソン    牡5 500万下 2:13.6 +1.4 ± +1.7 -0.3 83   E C
7R D1400 トゥルッリ    牡5 500万下 1:24.8 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C D
9R D1600 ゴールデンバローズ    牡5 立夏S1600 1:36.3 -0.1 ± +0.1 -0.2 99 C C
12R D1600 シルバーポジー    牝4 1000万下・牝 1:37.7 +0.5 ± +0.7 -0.2 93   D D

         

■ワンポイントアドバイス
新潟ダートの傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。