Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/05/14 (日)
2017年1回新潟6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス0秒7へと変動、日曜がプラスマイナスゼロ。直線1000mは土曜がプラス0秒3、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週は速めの時計が出るレベルだったが、3日目以降は雨や風の影響で、時計の掛かる日が多くなっている。
 土曜は断続的に雨が降って、やや時計の掛かるコンディションだった。ただ、1日の中で数値が大きく動くことはなくて、9Rまでは2000m換算の数値でプラス0秒5だった。そして12Rだけはプラス0秒7だった。日曜は乾いて、土曜より時計が出やすくなったが、速い時計の出るレベルではなかった。なお、日曜は途中で馬場発表が変更されたが、1日を通した数値になる。あと、雨の影響によって馬場の内側が悪化して、外を回るケースが目立った。実際、先々週よりは外を回る差し馬が活躍していた印象。なお、直線1000mについて時計の出方が安定しないのも、この開催で気をつけておくべき点だと思う。
ダート
 先週の芝の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス0秒2へと変動。日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒3へと変動、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認おく。雨の影響で良馬場ではない開催日の方が多いが、1800mはマイナスの数値になった事は無く、総じて時計の掛かるコンディション。1200mはプラスにしろマイナスにしろ、水準に近いレベルで推移している。
 土曜は大きな変化ではないが、1800m・1200mとも雨の影響で後半の方がいくらか時計が出やすくなった。日曜は乾いて、土曜前半に近いレベルになった。11鞍中8頭も逃げ馬が連対した先々週と比べると、脚質傾向に大きなバラつきはなかった。ただ、差して来たとしても、道中は中団くらいの位置が理想で、後方からの差し馬は3頭のみだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/05/14 (日)  芝=±0 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 モレッキ    牡3 未勝利 1:34.7 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C D
6R T2000 ウインクリムゾン    牡3 未勝利 2:01.9 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C C
8R T2000 コートオブアームズ    牡5 500万下・若 2:00.3 +0.3 ± +0.3 ±0 97   C E
10R T2200 フォーラウェイ    牡4 胎内川特500 2:14.4 +1.0 -0.3 +0.7 ±0 93   D D
11R T1800 エーデルメイシュ    牝4 赤倉特H1000 1:46.2 +0.4 -0.4 ±0 ±0 100   C D
12R T1000 リュウツバメ    牝7 飛竜特別500 0:55.9 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D D

2017-05-14 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 プティットクルール    牝3 未勝利・牝 1:56.1 +2.1 ± +1.7 +0.4 83   E E
2R D1200 ダブルミステリー    牝3 未勝利 1:14.0 +1.3 ± +1.2 +0.1 88   E D
3R D1800 シンコーマーチャン    牡3 未勝利 1:54.3 +0.3 ± -0.1 +0.4 101   C C
7R D1200 サラマンカ    牝4 500万下・牝 1:12.7 +0.8 ± +0.7 +0.1 93   D C
9R D1800 カブキモノ    牡4 500万下 1:53.2 +0.4 ± ±0 +0.4 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
新潟ダートの傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。