Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2017/05/14 (日)
2017年2回東京8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス1秒8へと変動、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナスの数値で特に3日目から6日目までは全てマイナス1秒3だったが、先週は雨の影響で時計が掛かった。
 先週からBコースに替わったが、土曜は早朝から雨が降り続いて芝で最初のレースである5R時点でプラス0秒4。その後も時計が掛かって行って、11Rは2000m換算でプラス1秒8になった。日曜は土曜と比べて乾いたが、マイナスゾーンにまでは戻らなかった。なお、その日曜、馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値。雨が降って、馬場の内側が悪くなった影響か、好位もしくは中団から差して来る馬の活躍が顕著だった。一方逃げ馬は2連対で、先行馬の連対も2頭のみだった。なお、今週もう1週はBコースが使用されて、ダービーウィークの最終週だけはCコースが使用される。
ダート
 先週の芝の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス1秒8へと変動、日曜がマイナス2秒6からマイナス1秒9への変動だった。さかのぼってこの開催の馬場差を確認しておくと、3日目から6日目まで水準レベルだったが、先週は雨の影響で速い時計の出るコンディションになった。
 土曜は雨が降り続いて脚抜きの良いコンディションになって行った。日曜は逆に馬場が乾いて水準方向にいくらか近づいたが、それでも1日を通して脚抜きの良い馬場だった。この開催では2日目と先週が高速馬場だったという事になる。脚質的には差しが届いていた芝とは違って、まんべんなく連対している感じだった。ただ、唯一不振だったのが後方からの差し馬で、土日を通して連対したのは土曜1Rの1頭だけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2017/05/14 (日)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 コスモペリドット    牡3 未勝利 1:22.7 -0.3 ± -0.3 ±0 103   B D
4R T1800 フローラデマリポサ    牝3 未勝利 1:48.8 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
6R T1400 アルミレーナ    牝3 500万下 1:22.2 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C C
8R T1600 キャプテンペリー    セ4 1000万下 1:34.5 +0.3 ± +0.3 ±0 97   C C
9R T2000 ベアインマインド    牝4 テレ玉杯1000 2:01.7 +1.6 -0.5 +1.1 ±0 89   SL C
11R T1600 アドマイヤリード    牝4 ヴィクトG1 1:33.9 +1.1 -0.4 +0.7 ±0 93   D C

2017-05-14 (日)  ダ=-2.6 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ミンネザング    牝3 未勝利・牝 1:37.6 -1.6 ± +1.0 -2.6 90   E D
2R D2100 トモジャヴァリ    牡3 未勝利 2:10.3 -3.4 ± ±0 -3.4 100   C D
5R D1400 バンケットスクエア    牡3 500万下 1:22.9 -2.3 ± -0.2 -2.1 102   C D
7R D1600 ジェイケイライアン    牡5 500万下 1:35.4 -2.6 ± -0.3 -2.3 103   C C
10R D1600 サンライズソア    牡3 青竜S 1:35.2 -1.9 ± +0.2 -2.1 98   C C
12R D1400 シュテルングランツ    牡6 BSイレ1600 1:22.5 -1.0 -0.2 +0.5 -1.5 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
新潟ダートの傾向
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。